FC2ブログ

小学校のとき、 - 超怖い話 実話

ピックアップ!

小学校のとき、

IMG_1908.jpg

小学校のとき、
クラスに俺と同姓同名、
漢字までいっしょの子が転校してきた。

近所に引っ越してきてから仲良くなり、
よく一緒に遊んでいたが、
その子は家庭的にかなり問題があった。

お父さんが無職でギャンブル狂の酒乱と
凄まじくダメな人だったようで、
一年ももたずお母さんがその子を連れて家出。

その子も連絡もつかなくなった。

その後、
そのお父さんが頭がおかしくなった。

子供と同じ名前の俺の前によく現れては、
意味不明のことを言うようになった。

うちの親に

「てめえ、俺の子を誘拐したな!」

とか脅迫電話をたびたびかけてくるようになり、
ついに警察に相談。

それを知ったそのお父さんはますます壊れ、
俺が小六のとき、
ついに俺を誘拐しようとした。

大声で俺の名前や意味分からんことを叫びながら、
俺をつかんで車に詰めこもうとした。

めっちゃめちゃ怖かった。

もちろん俺も号泣して
大暴れしながら抵抗し、
おっさん蹴りあげて、
血だらけで近所の家に逃げ込んだ。

結局、
おっさん逮捕→俺強制検査入院&取り調べのコンボで
ヘトヘトになりました。

今でも、
おっさんに抵抗したときの傷が
左手に盛大に残ってる。

マジトラウマ。

でも本当に怖かったのは、
事件のあと、
家にただ一言

「ごめんね…」

と呟いて切れる電話が、
三年くらいかかってきてたこと。

関連記事

スポンサードリンク

タグキーワード
2020.06.23|Genre:|Thread:恐怖の体験話コメント(0)トラックバック(0)Edit
コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © 超怖い話 実話 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます