FC2ブログ

北海道の道東にはその昔、 - 超怖い話 実話

ピックアップ!

北海道の道東にはその昔、

IMG_2606.jpg

北海道の道東にはその昔、
雄別という町に雄別炭鉱があった。

当時は朝鮮人をたくさん連れてきたり、
天涯孤独の身元不明の人たちを
雄別炭鉱は労働者として受け入れ、
それなりに雄別町は栄えたらしい。

炭鉱なので事故で死んだ人も多く、
多数の名もなき位牌が増えていった。

時代は石炭から石油に変わり、
雄別炭鉱も例外なく閉山になる。

雄別町は炭鉱で栄えた町なので、
閉山したあとは町民が減っていき、
ついには雄別町に住む人は一人もいなくなってしまった。

そんな中、
名もなき位牌は
雄別町に流れる川に全部廃棄されたらしい。

それから雄別町は
無人のゴーストタウンと化した。

現在も雄別町には
病院に映画館に大きな煙突と、
建造物は残ってるんだが、
廃墟と化した病院や映画館では
当たり前のように幽霊の目撃談は後を絶たないし、
大きな煙突が逆さまに見えたら
雄別町から帰れなくなるといった噂まで出る始末。

雄別町に近い釧路市という町では、
遊び半分で絶対に行ってはいけない場所だというのは
市民の暗黙の了解だし、
以前ギボアイコとかいう霊能者が雄別町に来た時も

「私には手に負えない」

といい
何もせずに帰っていったくらいやばい場所。

こんな話が伝わってる。

ある日の夜、
釧路から男2人と女1人が
車で雄別町に肝試しに行ったらしい。

理由は分からないが、
男2人は女を雄別の病院に置き去りにして
帰ってきたらしい。

次の日になり女が発見されたのだが、
昨日まで黒髪だった女は
白髪に成り果てて精神崩壊。

女は精神病院に入れられ、
数週間後に男2人は原因不明の変死。

その雄別に数年前、
土木の仕事で行くはめになったんだけど、
日が暮れて夜になった雄別は
電気もないのに毎回すごく明るかった。

関連記事

スポンサードリンク

タグキーワード
2020.06.26|Genre:|Thread:恐怖の体験話コメント(0)トラックバック(0)Edit
コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © 超怖い話 実話 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます