FC2ブログ

一人暮らしの友達の話。 - 超怖い話 実話

ピックアップ!

一人暮らしの友達の話。

IMG_1653.jpg

一人暮らしの友達の話。



朝起きて、アパートから駅まで誰にも会わず、
だだ大量のカラスが、飛んでいたらしい。



怖くなり、家に帰ってみて見ると、
トントンとドアを叩く奴がいて、
見てみると、救急隊員が、



「お亡くなりの方はいらっしゃいますか?」



と聞いてきたらしい。



無論友人は、
居ない!!とドアを閉めたらしいが、
外にまだ、いることにきづき、
ドアを足で蹴飛ばしたそうです。



今も平然とそこに住んでいる。





【解説】



















友人の家にやってきた救急隊員は

『お亡くなりの方はいらっしゃいますか?』

と言っているが、

普通であればすぐに本題には入らないだろう。



「○○さんのオタクですか?こちらのお部屋に対して通報があったのですが…」

などといったように一度確認をとるように思う。



さらに、

『お亡くなりの方はいらしゃいますか?』

とは聞かないだろう。



普通は

「急病人がいると聞いてやってきたのですが」

などと言うのではないだろうか。



そもそも死亡しているという通報があったのであれば、

警察も一緒に来ているはずである。



なので、この救急隊員は偽物であろうが、

では、この救急隊員は何者なのだろうか?



大量のカラスが飛んでいたようなので、

カラスを連れた死神のようなものか?



もしかしたら、

この友達は死ぬ予定だったのかもしれないが、

大量のカラスを目撃したことで引き返したために助かった?





…でも、大量のカラスを目撃したために

本来死ぬ予定であった友達が死ななかったのだとしたら…



死神が大量にカラスを連れてきていたのだとしたら、

それが原因で友達が死ななかったわけだし、

死神も帰ったら上司とかに怒られるんだろうなぁ、

なんて思ってしまった。



まぁ、本当に死神かどうか、

カラスを連れてきたのかどうかもわからないが…

関連記事

スポンサードリンク

タグキーワード
2020.07.10|Genre:|Thread:恐怖の体験話コメント(0)トラックバック(0)Edit
コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © 超怖い話 実話 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます