FC2ブログ

ある紳士風の男が銀行にやってきて言った。 - 超怖い話 実話

ピックアップ!

ある紳士風の男が銀行にやってきて言った。

IMG_1595.jpg

ある紳士風の男が銀行にやってきて言った。



「100ドルほど貸して欲しいんだが」



「100ドル、でございますか?」



応答した行員は男を一瞥してから言った。



「100ドルという少額のご融資ですが、
初めてのお客様でございますし、
何か担保をお預かりすることになりますが、
よろしゅうございますか?」



すると紳士は、
少し考えてから言った。



「そうだな、僕のロールスロイスなんてどうだろう?」



「ロールスロイス!でございますか?」



「ああ、いま駐車場に停めてあるから一緒に見に行こう」



行員が半信半疑のまま紳士に同行すると、
駐車場には最新型のロールスロイスが停めてあった。



行員は驚いて紳士に言った。



「あの....お客様、このお車でしたら30万ドルはご融資可能ですが」



「いや、100ドルでいいんだ」



紳士はそういうと、手続きを済ませ、
車のキーと交換に100ドルを受け取って銀行を出て行った。



行員はロールスロイスを重役専用のガレージへ移動させ、
厳重な監視の下に保管した。



6週間後、紳士が再び銀行を訪れた。



紳士は100ドルと利息3ドルを支払い、
キーを受け取ると、
帰り際に微笑んで言った。



「6週間の旅行は最高だったよ」





【解説】



















ある紳士風の男は、

6週間をたった3ドルで

ロールスロイスを駐車することができた。



しかも、役員専用のガレージで

厳重な監視の下に保管されていた。





お金持ちほどこういう機転が利くように思う。



…だからこそ、

お金持ちになるべくしてなった

と言えるのであろうが…

関連記事

スポンサードリンク

タグキーワード
2020.07.12|Genre:|Thread:恐怖の体験話コメント(0)トラックバック(0)Edit
コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © 超怖い話 実話 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます