FC2ブログ

大学生になって念願の一人暮らしを始めた - 超怖い話 実話

ピックアップ!

大学生になって念願の一人暮らしを始めた

IMG_0218.jpg

大学生になって念願の一人暮らしを始めた



立派ではないけど俺の城だ



自由って最高!



・・・だけどひとつだけ気になることがある



3ヶ月たつが隣の住人を見たこと無い。



たしか入居してるって不動産屋が言ってたけど・・・
なんか気味が悪い・・・。



更に気味が悪いことに夜中になると
その部屋から女の押し殺したような笑い声が聞こえる。



毎日決まって3時ぐらい・・・
ヤバイ女でも住んでんのかな?



ある日体調が悪く大学をサボっていたら
不動産屋が新しい客を連れてきたのが窓から見えた。



そこで隣の入居者についてちょっと聞いてみた。



『ああ、隣は君と同じ歳の男の子だよ、
同じ大学の子じゃなかったかな?多分今いるよ』



俺は思いきって挨拶しに行くことにした。



「こんにちはー、隣のものですけど・・・」



『はーい、なんですか?』



(お、いた!)



出てきたのは普通の男だった。



「いやー、なんか越してきて一度も会ってなかったんで・・・
なんか不動産屋から同じ大学とも聞いたんで・・・」



『ああ、君も○△大学なんだ、これから宜しく!
俺いつも遅くまで居酒屋でバイトしてるから
あまり家に居ないんだけどね』



(なんだそういうことねw)



俺たちは他愛も無い話をした。



「そういやあ時々女の子の声するけど・・・」



『ああ、彼女同じバイトなんで
一緒に仕事入った日は時々終わってからこっちに来てるんですよ』



(マジかよ!?うらやましいなあ・・・)



「ふーん、そうなんだ、じゃあ彼女さんに宜しく」



『もし良かったら今度一緒に部屋で酒でも飲みましょう!
そっちの彼女が来てる時に』



(チクショー・・・俺彼女なんかイネーよ・・・)





【解説】



















語り手は

『その部屋から女の押し殺したような笑い声が聞こえる。

毎日決まって3時ぐらい・・・』

と、女の笑い声のようなものを毎日聞いている。



しかし、

『彼女同じバイトなんで
一緒に仕事入った日は時々終わってからこっちに来てるんですよ』

と、隣に女性が入ってくるのは

『時々』であって毎日ではない。



そのため、隣の彼女の声とは別ものであることになる。



さらに隣人は

『もし良かったら今度一緒に部屋で酒でも飲みましょう!
そっちの彼女が来てる時に』

と言っている。



なぜ隣人は語り手にも彼女がいると思ったのか?



それは語り手の部屋から女の声が聞こえてくるかだろう。



でも、語り手は

『(チクショー・・・俺彼女なんかイネーよ・・・)』

と言っているように彼女はいない。



ということは、

語り手の部屋と隣人の部屋の間に

押し殺した笑い声をあげるような女性がいることになる。



霊的な何かなのか、

そこに住み着いている何者かなのか…





部屋と部屋の間に住むのはさすがに難しいだろう。

(壁を壊さなければいけないだろうし)



しかし、家主にばれず、

天井裏に住むような人もいるくらいだから、

部屋と部屋の間でなければどうにかバレずに住む方法があるかも…?

関連記事

スポンサードリンク

タグキーワード
2020.07.16|Genre:|Thread:恐怖の体験話コメント(0)トラックバック(0)Edit
コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © 超怖い話 実話 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます