FC2ブログ

結婚してからというもの、 - 超怖い話 実話

ピックアップ!

結婚してからというもの、

IMG_1692.jpg

結婚してからというもの、
幸せ太りというやつかそれなりに細いのが自慢だった私の体重は
60kgにまで増えてしまった。



最近ではそんな私を見て旦那が
「お前デブになったな」
と笑ってくる。



運動も苦手、食事制限も苦手な私だが
そこまで言われて黙っているわけにはいかず、
一念発起してなんとか22kgの減量に成功。



無理なダイエットをしたせいで
病院に担ぎ込まれてしまったが、
軽くなった私を見て旦那は泣いて喜んでくれた。



今日も旦那は見舞いに来てくれる。



病み上がりの私を車椅子に乗せて
連れ出してくれる旦那を見てふと私は考えた。



そういえば自分のことで頭がいっぱいだったけど
最近旦那も太ってきたかしら?



今度は彼にダイエットしてもらわないと。





【解説】



















語り手は『減量』『軽くなった』とは言っているが、

「痩せた」とは言っていない。



『22kgの減量に成功』と言っているが、

体重に対する下肢の比率は一本あたり18.5%らしく、

そうなると60kgだと片足は約11kg



つまり、両足を切り落としたと考えられる。



『病み上がりの私を車椅子に乗せて』

というところも

両足を失ったことを意味しているのだろう。



『軽くなった私を見て旦那は泣いて喜んでくれた』

というのはあくまで語り手の主観であり、

旦那は余計な一言のせいで

妻が両足を切り落としてしまったと

自分を責めて泣いてしまったと考えられる。





『お前デブになったな』

というのは見た目の問題であって、

体重の問題ではないんだけどなぁ…



結局両足がなくなって体重が減っただけで

足より上の部分は何一切変わっていないのだから、

ダイエットという面でも当然意味のない行為である。



…旦那の一言で

相当病んでしまったのかなぁ…

関連記事

スポンサードリンク

タグキーワード
2020.07.30|Genre:|Thread:恐怖の体験話コメント(0)トラックバック(0)Edit
コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © 超怖い話 実話 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます