fc2ブログ

私はある劇場を経営している - 超怖い話 実話

私はある劇場を経営している

私はある劇場を経営している



資金繰りの悪化で
もうそろそろ潰れてしまうがね



今日は最終日、
演目も全て終わったのだが
最後くらい私も何かやってみよう



きっと明日は
たくさんの人がこれを見にきてくれるだろうな





【解説】



















『今日は最終日』なのに

『きっと明日は
たくさんの人がこれを見にきてくれるだろうな』

というのはおかしい。



となると、

語り手は劇場で事件を起こして、

警察やら野次馬やらに

来てもらおうと考えている。



もう潰れてしまうから劇場を放火するか?

それとも、劇団員を皆殺しにするような凶悪事件を起こすか?

それとも、語り手自身が自殺するのか?





…今回の話とは少しずれるが、

悪いことでも後々まで名を残したい人っていたりするのだろうか?

なんてことをふと思ってしまった。

関連記事

スポンサードリンク

タグキーワード
2020.07.31|Genre:|Thread:恐怖の体験話コメント(0)トラックバック(0)Edit
コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © 超怖い話 実話 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます