[超怖い話 実話]ヨーロッパでの話 - 超怖い話 実話

ピックアップ!

[超怖い話 実話]ヨーロッパでの話

超怖い話 実話 長編

二十年前位かな、フリーターやってた頃の話

ヨーロッパのほうへ海外旅行にいった。

その時代って海外旅行ってちょっと珍しいから、
観光じゃなくて労働者ビザとって二年位居た。

ヨーロッパの中でも、それなりに都会で治安もまあまあだった。

はじめは日本のバイトの蓄えでぼろアパート住んでなんとか食いつないでたんだけど、
かね無くなるだろうし労働者ビザだし働いてないとってことでホテルに厨房の雑用で
住み込みで働いてた。

そのホテルであった出来事・・

そのホテルってのは昔から続いてて改築を重ねてて、古さをちっとも
感じさせない建物で、お客様にも評判が良かった。


規模的には田舎の大き目のビジネスホテルって感じのホテルだった。

オーナーが普通の優しい年配の男性で、自分は言葉も片言だしどこからどう見ても日本人なのに雇うのおかしいだろと思いつつ、お世話になってた。

それで結構順調に働いてたんだけど、
住み込み従業員には三~四人共同の生活部屋が与えられてるんだけど

夜中人の話す声が聞こえてきた・・・。

住み込み部屋に住んでるのは自分と同じくらいの青年だけだし、
ホテル一階の角部屋だったからフロントかなぁとも思ったんだけど、
毎晩毎晩聞こえてきた。

最初は仕事とか海外の生活とかでいっぱいいっぱいだったから、
全然気にならなかったんだけど、生活に慣れてくると逆に声が気になりだした。

同じ部屋に居たそいつに聞くもそんなの聞いたことないっていうし。

オーナーに聞こうとも思ったんだけど変な事聞いて機嫌損ねて、
首になったらさすがにきついから言い出せないままだった。

仕方ないから気にしない事にしようって思いながら働いてて、
そのうち厨房でもそれなりの仕事を任されるようになってた。

ある日・・・

そのホテルの地下のワイン倉庫にワイン取りにいった。

ワインの銘柄結構覚えてきた頃ではじめて一人でその倉庫入ったんだけど、
その倉庫の奥に鉄の扉があって錠前がかかってた。

かなり開けてないのか、 錠前とか錆び付いてて、その時は仕事中だったからさっさとワインとって
仕事場戻ったんだけど、何度か倉庫に行くうちにふと気付いた。

この扉の奥って丁度自分の共同部屋の真下にあるなと・・・

例の声については気にならなくなってたはずなんだけど、
その扉の事意識したら、その声の存在が自分の中で大きくなってた。

ある晩どうしても声が気になって聞き耳たててみると、
今までどうして気付かなかったんだろうってそのときは思ったね、

声がしてるのは、ベッドに寝てる時が一番大きかった。

隣の部屋の壁に耳をあててもそっちじゃなくて外からでもなく、
ベッドに耳を当てると声が一番聞こえる。

じゃあベッドから聞こえるのかというと ・・・

そうじゃなくて床に耳を当てるとぼそぼそっと聞こえる、それで「あそこか・・・」って思った。

それでついついつられるように行っちゃったんだよ、そのワイン倉庫に。

時間にして一時位だったかな。ホテルの深夜ってフロントに二人位居るだけで静まり返ってるんだよね。

慣れてきたとはいえ日本の家屋なんかと違って広いから昼間の喧騒とのギャップが凄い。

厨房から続くワイン倉庫の階段を降りるとほんと、「かつん、かつん」ってその音だけが響いたりして
こんな所で住んでたのかぁっていうくらい異質だった。

それでワイン倉庫に辿りつく、さすがに記憶が曖昧なんだけど
実際の広さは20~30畳位なのかなぁ、倉庫の扉開けて電気のスイッチを手探りで探してつけた、
と言っても20W位の裸電球が3個位あるだけで薄明かりがついただけって言えばいいのかな。

かなり怖がりながら、でも興味はあったからわくわくしながら、
奥の扉へ行った、扉に耳をつけて聞き耳たてると声は聞こえない。

部屋の下というだけの憶測で来ただけだから聞こえなくて当然と思えばそうだなと思いつつ、
その扉の錠前に手をかけたその瞬間だよ。

「バッターン」って音がして、ワイン倉庫の扉が閉まった。

開けようとしたんだけどなぜか開かない、。

こりゃやばいって思った・・・

いやそういう恐怖心じゃなくて地下のワイン倉庫って
通風孔はあるにはあるんだけどそんな大きくないから酸欠とか思い浮かんじゃって。

でもこんなに大きな音がしたんだから
誰か見回りに来るだろうと思いつつちょっと待ってみた。

裸電球があるだけの地下倉庫に閉じ込められてて
時間の感覚おかしくなってたんだろうけど1時間は待ってたのかなぁ。

眠くなってきちゃって酸欠とか大丈夫そうだし
ちょっと眠るかと思って壁面とかは全部ワイン棚だから、
例の扉の前で座って扉を背に眠ろうとしたその時だよ。

がちゃ、って小さな音がして錠前が落ちてきた、
「うお」って声出しちゃってさって立ち上がって扉に身構えた。

数分待ってみるも気配が何もないから恐る恐る扉を開けてみた、
錆び付いててかなり固かったんだけどちょっと蹴りとかかましつつ開けて  ・・・
そこにあったのは10畳位の小さな部屋になんて事ない小さな椅子が一脚あるだけ。

かすかに臭かった気がしたけど、かびくささとかあるし倉庫が錆び付いて
そのままになってただけなのかなって思った。

しかしその椅子に近付こうと部屋に一歩足を踏み入れた時、
ばりってなんか踏んじゃって、倉庫の電気の光が差し込んでるだけだから
気付かなかったんだけど床に何か落ちてたのよく目をこらしてみると
明らかに骨だった、なんの骨かはもちろん分からない。

けど厨房で働いてるから分かったのは
少なくとも調理場で出るような動物の骨じゃないってことだけ。

「あ、こりゃやばいな」って色んな意味で思って、
部屋から出ようと背を向けた時後ろからあの「声」が聞こえた、短い声がはっきりと聞こえた、

振り返ったらまずいだろ、と思いつつ好奇心には勝てなくて振り返った。

すると女の子がいた。

椅子に座ってた、妙に小さな椅子だなって思ったのは
子供用だったんだなとかのんきに考えつつでも焦ってて、なのにその女の子から全然目が離せなかった。

5~8歳位なのかな、赤い吊り下げスカートに白いシャツで裸足で、金髪お下げだったかなぁ。

うつむき加減で顔が見えずずーっと座ってて俺は金縛りなのかもしれなかったんだけど、
普通に硬直状態になってて目が離せなくなった。

数分そんな状態が続いてると、女の子が急に消えた。

なのに、まだ体が動かなくて、椅子から目が離せないでいた。

そうしたらまたあの声が聞こえて、声のするほうに目をやった、
それは自分の足元で、真っ暗なはずの部屋なのに
さっきの女の子の首から上だけが床からぼーっとひかりながら、
泣いてた・・・・

その顔を見ると両目がぽっかり空洞なのに、目が合ってるのは確信出来てて
血の涙のようなものを流してて

「おにいちゃん、痛い、踏まないでよぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉ」

・・・ってその瞬間、恐怖心が爆発して「うわぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ」って
叫んじゃって体軽くなって動くって確認した瞬間、ワイン倉庫の扉がんがんって叩いたら扉開いた。

自室で布団被って朝まで待って次の日ホテル逃げるようにやめて、日本帰った。

本当は警察届けないといけないんだろうけど、
国外で事件に巻き込まれたっていう経歴つくとやばそうだと思った・・・。

ただ、今思えば、最初あの扉を開けて部屋から出ようとしたとき・・・

聞こえた短い声は・・・

「助けて」って言ってような気もする・・・

関連記事

スポンサードリンク

タグキーワード
2018.05.17|Genre:|Thread:恐怖の体験話コメント(0)トラックバック(0)Edit
コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © 超怖い話 実話 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます