FC2ブログ

[超怖い話 ] 怨念の塊 実話 短編 - 超怖い話 実話

ピックアップ!

[超怖い話 ] 怨念の塊 実話 短編

超怖い話 実話 短編


6歳のとき、 空き地で遊んでいて転び、ヒザが膿んだ。

ひどく腫れたが「膿が出て、腫れモノの芯が出ちゃえば大丈夫」

と母に言われ、ガマンしていた。

やがて自然に腫れモノはやぶけ、膿が出てきた。

母はガーゼで膿をとりながら、「ホラあった」

と、腫れ物の中心から白い固まりをつまみ取ろうとした。


IMG_1824.jpg

ところが、それは・・・


細い木の枝のように長く


       ずるずると出てくる。



結局20センチぐらい出てきてブツッと切れ、血が吹き出した。

母は悲鳴をあげてその枝のようなものを捨ててしまった。

血が止まってからは腫れもおさまり、足はすっかり全快したが、

今でもアレが引っ張りだされた時の感覚を思い出すとぞわぞわする。



怖い話 ★★★★★

関連記事

スポンサードリンク

タグキーワード
2018.08.31|Genre:|Thread:恐怖の体験話コメント(0)トラックバック(0)Edit
コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © 超怖い話 実話 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます