[超怖い話 実話]サークルの旅行 - 超怖い話 実話

ピックアップ!

[超怖い話 実話]サークルの旅行

超怖い話 実話 長編

まだ学生だった頃の友人の話。

その時に入っていたサークルの仲間と旅行に行った。

サークル仲間はは、貧乏学生で友達に聞いた、安く泊まれる民宿に泊まった。

その民宿のすぐ隣に、昔ながらの小屋みたいなのが建物が建っていた。

古くてボロいんだけど、大きな建物・・・

その建物を見て、サークルメンバーの中の霊感が強いと言っている女の子が震えだした。

「あの建物の2階があぶない!!」

「こっちを見てるよ・・・」みたいなことを言って、

「こんなところには泊まれない。」って、その子は途中で帰ってしまった。


宿に着いて、一息して何もやる事もなかったので、隣の建物に行ってみようって事になった。

女の子も合わせて、7人・・・

建物の中に入って行くと、けっこう雰囲気が怪しい感じだった。

一階には大きな戸があって、開けてみると、
昔の納屋っていうか、農機具とかが置いてある土間があった。

天井で、ゴトゴトと何かが動くような物音がしたと思うと、
外にいた奴らが「電気ついた、電気ついたよー。」と言いだした。

いったん外へ出てみると、上の方の窓から明かりが漏れている。

「やばいっ、気づかれたかも!!」

「怒られるんじゃねー。」

みたいなこと言ってると・・・

窓が開いて、 にゅ〜 と首が出てきた。

明かりが逆光になってたせいか、顔が黒った。

顔が影になっていて見えなかったので、皆怖がっていたが、二階にいた人が手招きした。

「そんなとこにいないで、上がってこいよ〜」

若そうな声だったので、ちょっと安心した。

誘ってもらっているし、じゃあ上がろうかってことになった。

一階には二階へのぼる階段があった。

初めは明かりが無くて暗かったけど、

途中の踊り場からは、上から照らされてほんのり明るくなっていた。

開けっ放しの扉から中にはいると、30歳くらいの男が、テーブルの向こう側に座っていた。

テーブルの上には、料理とビールが置いてあった。

ムチャクチャ広い部屋なんだけど、照明があまりなく、隅の方には光が届いていなかった程だった。

「ビールでも飲んでくれ。」

そう言って、ビールと料理を勧められ、その男と酒を飲んだ。

男が旅行した話や、最近の音楽の話なんかをした。

CDがかなりのボリュームで鳴っていたので、気になった女の子が聞くと、
「大丈夫だ」と男は言って、更に音量を上げた。

ふと時計を見ると、もう遅かったので帰ることにした。

男は、倉庫の入り口まで見送ってくれた。

次の日の朝、朝飯の最中に、民宿のおばちゃんが、
「昨晩あの建物に行ったのか?」と聞いてきた。

「行った。」

と答えると、おばちゃんは「何もなかったか?」と、しつこく聞いてきた。

帰りの車の中で、残っていた女の子に「昨日はうるさかったんじゃねーの?」と聞くと、
「それほどでもかったけど・・」と言ってから、こんなことを言った。

「あの時、音楽が聞こえてきたんで、何やってるんだろう、って思って、
 窓からあの建物をみていたら、明るい窓の下に小さく明かりが灯って。
 で、また消えたと思ったら、一階の戸が開く音がしたんだ。」

すると、昨日行ったメンバーのうちでMって奴が、それを聞いて
「マジかよ・・」とつぶやき、話し出した。

「あの倉庫から階段上がった時に、踊り場あっただろう。
 あそこの壁に、分かりにくかったけど扉があったんだよ。

 その時は、なんだろうって思ったけど、別に気にしてなかった。
 で、帰る時にその扉がほんの少し開いてたんだ。
 見間違えたのかな?って思ってたんだけど・・・」
 
「え?・・ってことは、俺らが飲んでたのって3階なの?」

俺は、ちょっとあせって聞いた。

「じゃあさ、1階に入った時、上で物音してたじゃん。あれって・・・」

思い出してみれば、おかしいところはいくつもあった。

1階の倉庫みたいなところに入るまで、3階?の窓は真っ暗だった。

あの階は一つの大きな部屋しかなかったはず。

じゃあ、あの男は、俺たちが来るまで、暗闇の中で何をしていたのか?

そして、あの料理。一人で食べるには多すぎる量、だけど温かかった。

誰かが来るのを待っていたのか?明かりを消して?俺たち以外の誰を?

そんなことを車の中で話すうちに、なんだか気味が悪くなってきた。

「イヤな感じだな。」「後味悪~い。」なんて言いながら帰った。

帰ってみると、先に帰ったはずの女の子が失踪していた。

一緒のアパートに住んでる人に聞くと、あの晩、部屋には戻ったらしい。

が、いつの間にかいなくなっていた。

部屋は荒らされたり、片づけをした様子もなくて、ただ、フツーに買い物に出たような感じだった。

彼女は、まだ見つかっていないそうだ。


関連記事

スポンサードリンク

タグキーワード
2018.05.17|Genre:|Thread:恐怖の体験話コメント(0)トラックバック(0)Edit
コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © 超怖い話 実話 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます