FC2ブログ

[超怖い話 実話]兄 - 超怖い話 実話

ピックアップ!

[超怖い話 実話]兄

超怖い話 実話 短編

私の兄の話です

私の兄は、昔から良く金縛りにあっている人です。

寝ている最中に幽体離脱?をする事もあると言っていました。

私達は家の二階に部屋があり、兄は寝ている最中に決って座禅を組んでいる状態で、階段を降りていくそうです。

そして、高速道路の標識の高さまで飛んだりして・・・

『 高速道路の看板の表面のザラザラになっているんだよ。』

などと言っていました。

いつだったか、兄の部屋から物音がしていて、その日はなかなか寝付きが悪かったので、起きている状態でした。

午前4時近くになり、なかなか寝れない状態のままだったので一階に降りて、飲み物を飲んでいました。

台所の窓が少しだけ開いていて、何気なくみていると・・・

 ” 兄が 導かれる様に 歩いていました”

裸足で歩いていたので、危ないと思い、急いで外に出て

『 ちょっと〜お兄ちゃん何してるのよ!!?』

と言うと・・・

『 お前が来いって・・・だから・・・ん・・? そうだろ?・・・?』

と・・・

そのまま兄は家に入って、二階に戻ったので一安心しました。

次の日、兄は何も覚えてないところか、真っ青な顔で・・・

『 墓を掘り起こしている夢を見たんだよ・・・』

と言っていました。

あのまま兄を放っておいたら、お墓を本当に掘り起こしていたかもしれません。


IMG_1273.jpg

関連記事

スポンサードリンク

タグキーワード
2018.05.17|Genre:|Thread:恐怖の体験話コメント(0)トラックバック(0)Edit
コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © 超怖い話 実話 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます