FC2ブログ

【超怖い話 実話】ビジネスホテル怖い体験 短編  - 超怖い話 実話

ピックアップ!

【超怖い話 実話】ビジネスホテル怖い体験 短編 

超怖い話 実話 短編


仕事で、とあるビジネスホテルに泊まった時の話。

そのホテルはエレベーター側から順に

1・2・3・5・6・・・と、部屋番号が割り振られていた。

自分の部屋は奥方の208号室だった。

その時は、出張2日目という事もあって、当たり前のようにエレベーターを降りた。

部屋に向かおうとした時、誰かが202号室のドアノブを掴んでいた。


IMG_2509.jpg

正確に言うと


「誰かの手だけ」が


ドアノブにぶら下がってるような状態で。




ものすごく異様な光景で、恐いというより不思議に感じてしまった。

後で考えたら、そこを素通りしてきた事に寒気と振るえが止まらなかった・・・。


怖い話  ランキング ★★★★☆


関連記事

スポンサードリンク

タグキーワード
2018.09.29|Genre:|Thread:恐怖の体験話コメント(0)トラックバック(0)Edit
コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © 超怖い話 実話 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます