FC2ブログ

【超怖い話 実話】屋の電気を点ける時は気をつけましょう 短編  - 超怖い話 実話

ピックアップ!

【超怖い話 実話】屋の電気を点ける時は気をつけましょう 短編 

超怖い話 実話 短編


あなたは電気を点ける時どうしてる?


だいたいは部屋の入り口にあるスイッチで点けますよね?

でも、直接紐を引っ張って点ける人も結構いるんじゃないかな?



Nは祖父母の家に、一人で遊びに来ていた。

そして、こっちの大学に出て来ている高校時代の友人の事を思い出し、連絡を取る。

友人は、夜なら空いてるから飲みにでも行こうとなった。

Nは、祖父母に夜遅くなることを伝え、鍵を預かって外に出た。

思った通り、昔話に花が咲き、Nはすっかり帰りが遅くなった。

帰ると、年寄りの夜は早く、家は真っ暗になっていた。

Nは祖父母を起こさぬよう、電気を点けず手探りで部屋まで戻った。

そして、電気を点けよう紐を探すが、真っ暗なのと酔っているせいで、

なかなか電気の紐が見つからない。

Nの手は電気の紐を探し、何度も空を切る。


IMG_3590.jpg

何度かそれを繰り返して、ようやくNの手に何かが触れた。

ん?

何か感触がおかしい。



そう思いながら、Nは手に触れた何かを引っ張った。

何気に自分が手にしているものを確認すると・・・。



”” 人の手だった。””



ゥギャァーーーー!!



Nは叫びながら夢中で電気の紐を探し、明かりを点けた。

その時には手は消えていた。

ホッとしたNの後で女の声が聞こえた。

「私を探してたんじゃなかったのね」


今夜、部屋の電気を点ける時は  気をつけましょう・・・


怖い話  ランキング ★★★★☆

関連記事

スポンサードリンク

タグキーワード
2018.09.29|Genre:|Thread:恐怖の体験話コメント(0)トラックバック(0)Edit
コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © 超怖い話 実話 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます