FC2ブログ

【超怖い話 実話】怖がりのAさん恐怖体験 短編  - 超怖い話 実話

ピックアップ!

【超怖い話 実話】怖がりのAさん恐怖体験 短編 

超怖い話 実話 短編


先輩のAさんはひどく怖がりです。

よせばいいのに友達に乗せられて、肝試しをやってきました。

不安がるAさんに、霊感の強い同僚のB君が近づきます。

「心配いりませんけど、念のためこれを持っていてください」

それは、水晶で作られた数珠でした。

しかし、その数珠を手にしてからもAさんの不安感は消えません。

たまりかねてあるお寺を訪ねると、住職さんがAさんを見るなり顔色を変えました。

住職さんと「それ」の戦いは、どれほどのものだったのでしょう。


IMG_1277.jpg

不意に住職さんが叫び声を上げると、お守りの数珠が飛び散り、

同時にAさんの不安感は消えました。

Aさんが数珠を見ながら

「お守りが身代わりに・・・」と話すと、

住職さんはつぶやきました。



「お守り?逆じゃ・・・」


怖い話  ランキング ★★★☆☆

関連記事

スポンサードリンク

タグキーワード
2018.09.30|Genre:|Thread:恐怖の体験話コメント(0)トラックバック(0)Edit
コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © 超怖い話 実話 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます