FC2ブログ

【怖い話 実話】 2014年05月26日 【洒落怖】猿夢+ 長編 - 超怖い話 実話

ピックアップ!

【怖い話 実話】 2014年05月26日 【洒落怖】猿夢+ 長編

IMG_1963.jpg

『猿夢』と言う話をご存知だろうか?

とある電車に乗り合わせた人が、独特の方法で順番に殺されていくと言う物だ。

さて、この『猿夢』だが、
このテの話に多い『読んだ人にも災難が降り掛かります』的なコメントもなく始められていて、
文章も読み易く、僕はページを開くなりサクサク読み進めていった。

しかし、それが間違いだったのかも知れない。

この話を読んでから4日目の晩、僕は『続き』とも言える恐ろしい夢を見たのである。

二番煎じは一番を超える事は出来ない。

それは重々承知だが、僕の見た夢をここに書き留めておきたい。
夢の中で、僕は名古屋市内のとある遊園地のスロー・コースターに乗っていた。

今はもうなくなっているだろうか?

それは子供向けのアトラクションで、園内の一部をゆっくりと回って来る。

幼い頃の事なので細かい事は良く覚えていないが、大体3~5分の内容ではなかっただろうか。

降り場の手前に小さなトンネルがあって、そこを抜けるとビデオカメラを構えた父。

その隣には僕らの名前を呼びながら手を振る母の笑顔があった。

これは父からの虐待が始まる前の、最も幸せだった頃の大切な思い出だ。

夢の中で、僕は2人掛けの一番前の席に座っていた。

隣には幼かった頃の姉がいる。

あの頃僕は姉を見上げてはしゃいでいたのに、この夢の中では僕だけ20歳。

この年齢差では年の離れた兄妹どころか、下手をすると親子のようだ。

しかし僕は懐かしいあの頃の夢を楽しむ事にした。

僕らの乗ったコースターはゆっくりとコースを回り、やがてトンネルに差し掛かった。

「このトンネルを抜ければ、優しかった父にもう1度会える。」

僕はそう思った。

しかしトンネルを抜けると、そこはあの遊園地ではなかった。

今まで僕が乗っていたコースターは電車に変わり、
僕は『5号車の自由席』に乗っていた。

隣にいたはずの幼い姉はもういない。

席は前の方で、喫煙車両である4号車とを繋ぐデッキのドアが開くと煙草の匂いがした。

僕は新幹線で移動する事が良くあるので、夢がそこに繋がってしまったのだろう。

全く、夢はいつも『いいトコ』を見せてくれない。

僕は舌打ちした。

窓の外を見慣れた景色が過ぎていく。

ただ現実と違うのは、車内があまりにも静か過ぎる事。

そして2人掛けと3人掛け、左右どちらのシートを見てもどの列にも窓際に1人ずつしか掛けていない。

そして皆異様に顔色が悪かった。

「無気味だな」と思いつつ僕はいつの間にか抱えていた鞄からMDプレーヤーを取り出し、お気に入りの曲を聴いた。

と、新幹線が減速し始める。

「おかしいな?京都に着くにはまだ早過ぎる。もしかして、岐阜羽島にも停まるのか?」

僕は駅名を確認しようとヘッドフォンを外したが間に合わず、聴き取る事が出来なかった。

見知らぬ駅で停まる新幹線、突然車内に響く叫び声。

どうやら後ろの方の席で何かあったようだった。

しかし物凄い声だったにもかかわらず、誰1人反応しない。

何があったのか?

しかし僕の視力では後ろまで見えない。

乗り降りする人は誰1人なく、新幹線はまたゆっくりと走り始めた。

5分と経たないうちにまた減速。

次の駅名は聴き取る事が出来た。

『吊るし上げ』

新幹線はまた知らない駅で停まる。

そしてまた、叫び声。

慌てて後ろを振り返ると、初老の女性が吊るし上げられていた。

相変わらず良く見えないが、首に紐が掛けられているのだろう。

首の辺りに手をやってもがいていた。

手足がシートや壁に当たる音がバタンバタンと聞こえる。

僕はやっとこの夢が何であるか分かった。

恐らくこれは『猿夢』だ。

一刻も早く目を覚まさなくてはならない。

しかし僕は自由に目を覚ます事が出来ない人間であるため、
しばらくその夢を見る事になってしまった。

とりあえず今何人が殺されているのか、僕は何番目なのかを知っておきたかった。

僕の乗る5号車の後ろ4分の1程は空席のようだ。

しかし実は既に殺されていて、そこには『猿夢』のように
『活け造り』や『抉り出し』された人が座って(?)いるのかも知れない。

僕が座っているのは前から6番目。

まだまだ順番が来るには早いが、さっさと目覚めなくてはならない。

しかしなかなか目覚める事が出来ない。

その間に、何度も聞こえる叫び声。

と、いつもドリンクやサンドイッチを売り来る車内販売の女性が、
ニコニコしながらカートに内臓を乗せて押していくのが見えた。

「もう駄目だ。早く目覚めろ、目覚めろ、目覚めろ」

順番を確認するのに、僕はまた後ろを振り返った。

すると後ろに座っていた何人かがスッと消え、同じように席もなくなった。

あたりに来ていた。

慌てる僕に、すぐ後ろに座っていたリーマン風の男が言った。

「目覚めたから席が消えたんだよ。アンタも早く目覚めないと、すぐに順番が来る。」

僕の8つ後ろの席から血が流れているのが見えた。

大丈夫、まだ7人余裕がある。

早く目覚めて、もう2度とこの夢を見なければいい。

次の駅が来た。

『串刺し』

と、大変な事になった。

自分の番が来るまで後7人あると思っていたのに、
その駅で一気に5人串刺しになって殺されてしまったのだ。

次は僕の後ろのリーマンの番だ。

しかし彼はシート越しに穏やかな口調で話し始めた。

「オレはもう目覚めなくていいんだ。会社はリストラされたし、妻は、、、」

ガクガク震えながら彼の身の上話を聞いているうちに目が覚めた。

目覚めた時は冷や汗をいっぱいかいていた。

あんなに長い夢だったのに、時計を見るとほんの20分程しか経っていない様だった。

『猿夢』、、、あまりにインパクトが強過ぎたためにこんな夢を見たのだろう。

あの話自体が、この電車への切符なのかも知れない。

とにかく、もう2度とあの夢を見ないようにしなくては、、、
本当に、恐怖のあまり心臓発作で死んでしまうかも知れない。

関連記事

スポンサードリンク

タグキーワード
2018.10.17|Genre:|Thread:恐怖の体験話コメント(0)トラックバック(0)Edit
コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © 超怖い話 実話 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます