FC2ブログ

【怖い話 実話 ほん怖】気味悪い状態 ほんのりと怖い話 長編 - 超怖い話 実話

ピックアップ!

【怖い話 実話 ほん怖】気味悪い状態 ほんのりと怖い話 長編

叔父から聞いた話。

叔父は先週末に、近場で登山にでかけた。

あまりの蒸し暑さに6合目あたりでヘバってしまい、

一休みして持参したスポーツドリンクを飲むことにした。

IMG_1395.jpg


ところが、スポーツドリンクのペットボトルの様子がおかしい。

コンビニで買ってそのままリュックのポケットに突っ込んだはずなのに、
フタのところに深いヒッカキ傷があり、
フタのミシン目は切れており、中身が少し減っている。

誰かが開けて一口飲んだようにしか見えない。

俺なら慌ててペットボトルを放り投げる場面だが、
叔父は腹の据わった人で、手にとって見ているうちに腹が立ってきたという。

喉は渇くし、目の前にスポーツドリンクがあるというのに、
いくら何でもこんな気味悪い状態では飲めない。

叔父は怒りに任せて中身をジャバジャバと地面にブチ撒け、
何となく登山する気も失せて、そのまま下山を始めた。

ところが叔父の後ろから、茂みの中を「カサコソ」と何かの音がついてくる。

止まれば音も止まる。

歩き出すと、また「カサコソ」とついてくる。

俺なら脱兎のごとく走りだす場面だが、豪気な叔父は立ち止まり、
後ろへ向き直って「もう何もねーぞっ!」と怒鳴った。

すると、いままで立ち止まると音も止まっていたのに、今度は叔父に向かって、

「カサコソ・・・」
「カサコソ・・・」

と、近寄ってきたという。

俺なら確実に失禁する場面だが、実は優しい叔父はふと思い当たって、
穏やかな調子で、

「もう怒ってねーぞ。気にすんな」

と話しかけると、それきり音はしなくなったという。

なんか聞いてて、

「姿を見せろ!何者だ!」
「フフフ・・・私は小心者」

みたいなコントを思い出した。


関連記事

スポンサードリンク

タグキーワード
2018.10.24|Genre:|Thread:恐怖の体験話コメント(0)トラックバック(0)Edit
コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © 超怖い話 実話 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます