FC2ブログ

【怖い話 実話】不思議な話 道路を渡る 短編 - 超怖い話 実話

ピックアップ!

【怖い話 実話】不思議な話 道路を渡る 短編

俺が小学校低学年のとき。

その日もいつものように友達と下校中、信号に引っかかった。

その道路は結構大きい道路で、交通量も多い。

通いなれた道だし、友達とのおしゃべりに夢中だった俺は

IMG_2099.jpg


何も気にせず信号が変わるのを待っていた。

しばらくして急に意識が遠ざかっていった。
ただ「行かなきゃ!」っていう義務感だけがある。

そして友達にランドセルを引っ張られて意識が戻った。
と、次の瞬間、すぐ目の前をトラックが猛スピードで通りすぎた。
俺は車道に立っていた。
どうやら意識がない間に歩いていたようだ。
友達の話だと俺は信号はまだ赤なのに急に道路を渡ろうとしていたらしい。

俺はどこへ行くつもりだったんだろうか・・


関連記事

スポンサードリンク

タグキーワード
2018.10.29|Genre:|Thread:恐怖の体験話コメント(0)トラックバック(0)Edit
コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © 超怖い話 実話 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます