FC2ブログ

【怖い話 実話 じわ怖】超恐ろしい子供が絵本 短編 - 超怖い話 実話

ピックアップ!

【怖い話 実話 じわ怖】超恐ろしい子供が絵本 短編

誰かこの話、聞いたことありますか?

私は子供の頃、弟から聞いたんだけど、

弟も子供だったもんで(あたりまえだけど)、

細部があやふやでよく分からないんだよね。

IMG_2423.jpg


くわしく知ってる人がいたら教えて欲しい。 小学校低学年くらいの子供をもつ父親がいた。

母親は離婚したか死別したかでいなくなっている。

で、父親は会社で仕事が忙しいこともあって、
いつも帰りが遅くなるんだけど、
家に帰るといつも子供が『かちかち山』の絵本を読んでいる。

なんだかその様子がおかしいと、父親は漠然と感じはするが、
仕事のことで頭が一杯になっていたので、そのまま子供のことは放置しておいた。

でもそのうちに、いくらなんでもおかしいと思うようになった。

子供がいつもいつも、取り憑かれたようにかちかち山の絵本を読み続けているから。

それで、子供からその『かちかち山』の絵本を取りあげて、よく調べてみた。

そしたら、その本は落丁本で、話の終わりのページの後に、
たぬきがおじいさんを騙して殺したおばあさんの肉を食べさせるシーンが、
もう一回入ってしまっていた。

子供はもう気が狂っていて、
話が終わって、落丁のページの部分のおばあさんの肉を食べるシーンを読んだら、
話の途中の同じシーンまで戻っていって、また終わりまで読むといった具合に、
延々と同じところをループさせて読んでいたのだった。


関連記事

スポンサードリンク

タグキーワード
2018.10.30|Genre:|Thread:恐怖の体験話コメント(0)トラックバック(0)Edit
コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © 超怖い話 実話 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます