FC2ブログ

【超怖い話 実話 意味怖】赤ちゃん すごく怖い話 短編 - 超怖い話 実話

ピックアップ!

【超怖い話 実話 意味怖】赤ちゃん すごく怖い話 短編

ある日、平穏な家庭に赤ちゃんが

一人産まれました。

その赤ちゃんは驚いたことに、

産まれたばかりですぐに言葉を発したのです。

IMG_1835.jpg


第一声は、 「おじいちゃん」でした。おじいちゃんはひどく喜び、涙を流したそうです。

ところが次の日、おじいちゃんは死んでしまいました。

赤ちゃんはまた、言葉を発しました。 「おかあさん」と。

そして次の日には、おかあさんが息を引き取りました。



おとうさんは震え上がりました。どうすればいいんだろう・・悩みに悩みました。

一時は子供を殺す事まで考えましたが、さすがにそれは出来ませんでした。

そして、ついに赤ちゃんは言いました。「おとうさん」と。

お父さんは半狂乱になりました。

次の日、隣のおじさんが死にました。





【解説】

















のおじさんが赤ちゃんの本当のお父さんだったのである。

おかあさんは不倫をしていた。



おとうさんとしては非常に怖い話である。

関連記事

スポンサードリンク

タグキーワード
2018.11.01|Genre:|Thread:恐怖の体験話コメント(0)トラックバック(0)Edit
コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © 超怖い話 実話 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます