FC2ブログ

【怖い話 実話 意味怖】背筋が凍る殺人計画 長編 - 超怖い話 実話

ピックアップ!

【怖い話 実話 意味怖】背筋が凍る殺人計画 長編

俺は腐れ縁で付き合っていたカノジョを

殺すことにした。

高校生時代から、永年連れ添ってきた女

なんだが最近結婚しろとかウザいからな。

IMG_1869.jpg




でも、最近の警察は優秀だから、下手に証拠とか残すと捕まりそうだ。



やっぱり殺人は俺には荷が重い。



そんな時、昔の友人に呼ばれ、家を訪ねてみた。



Kという奴で、今は人気推理作家として名の売れた存在だ。



高校生時代はあいつは根暗な奴で、しょっちゅうイジメの対象にされていたな。



ま、主にいじめてたのは俺とカノジョなんだけどさw



だってウザかったしwww



Kは、でも笑顔で俺を迎えてくれた。



昔の恨みは忘れているようだし、最近喧嘩で作った俺の頬の大きな切り傷についても何も聞いてこなかった。



ま、俺もその方が嬉しいけど。



一緒に茶を飲みながら、俺とKは語り合った。主にKの仕事の内容。



俺が「推理作家って、どういう風にストーリーを考えるんだ?」と尋ねたら、Kは笑顔で答えてくれた。



「今考えているのは、男が女を殺すストーリーさ。

男は女を自分の家で刺し殺すんだ。

その後、『外出先から帰ったら家に死体が転がっている』と警察に通報するのさ。」



「でも自分の家で殺したら足が付くだろ。それにその後警察に通報って……。」



「そこがその犯人の頭の良いところでさ、警察もまさか犯人がそんなバレバレの行動をするとは思わないだろ?だから男は容疑の圏内から真っ先に外れるって寸法さ。」



「なるほど。男は他に何か気をつけることはあるかい? 完全犯罪を狙うなら。」



「ふむ。例えば、凶器の包丁は近所のスーパーで堂々と買うこと。

下手に顔を隠した方が怪しまれるんだよ。 そのナイフにはしっかり指紋を残すこと。

警察はその指紋がお前のものだなんて考えもしないし、かえって捜査を混乱させられる。」



さすが、推理作家のKは言うことが違う。



俺は、その計画でカノジョを殺すことに決めた。



俺は帰り際に、意味深にKにこう言ってやった。



「ありがとう。お前と話していて気が晴れたよ。」



何もわかってないKは笑顔でこう答えた。



「それほどでもないよ。あくまでも俺は推理小説のネタを話しただけさ。」





【解説】



















いじめられていたKはこの機会に「俺」に復讐しようと企んでいる。



「俺」が彼女を殺そうとしていると気づいたKは

「俺」にわざと「捕まるような殺人計画」を話したのである。


第一発見者は最初に疑われるし、指紋があれば証拠として提出されるだろう。

このまま彼女を殺してしまえば「俺」はKの思惑通り捕まるだろう。


関連記事

スポンサードリンク

タグキーワード
2020.08.20|Genre:|Thread:恐怖の体験話コメント(0)トラックバック(0)Edit
コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © 超怖い話 実話 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます