FC2ブログ

【怖い話 実話 意味怖】臓器と血液 ものすごく怖い話 長編 - 超怖い話 実話

ピックアップ!

【怖い話 実話 意味怖】臓器と血液 ものすごく怖い話 長編

脳死が確認され、

無数のチューブと人工呼吸器や点滴により生き続けた。



しかし死んでしまった。

IMG_1637.jpg


「すみません。手を尽くしたのですが」

医者はとても悲しげな顔で告げる。

彼の亡き骸を抱いた時、とても軽く、苦しかったんだと思った。



「治療費は結構です」

決して裕福とは言えない私の状況を察し、

なんて優しい医者なのだろう。私はすぐに泣いた。

「遺体を見るのは辛いでしょう」

お医者さんがシーツを被せた。

「思い出は彼と共に焼いて忘れなさい」

この一言で私は立ち直れたのである。





【解説】

















彼の亡骸はとても軽かったとあるが、なぜ軽くなっていたのだろう?

それは医者が臓器を抜き取って売却したからである。

治療費は臓器売買による収入で回収できるだろう。

「遺体を見るのはつらいでしょう」と遺体を見られたくない様であり、遺体は火葬することを勧めている。

何か見られては不都合な事実(手術痕)でもあるのだろうか?



臓器の重さを調べてみたところ40歳以上の男性の平均で、脳(1275.5g)心臓(342g)、左肺(404.2g)、右肺(474.2g)、肝臓(920.3g)、左腎(120.8g)、右腎(113.6g)、脾臓(80.7g)、甲状腺(13.5g)、左副腎(5.6g)、右副腎(5.1)であるらしい。

臓器移植でメジャーそうなもの(詳しくは分からないが、心臓、肺、肝臓、腎臓あたりか……)を合計してみたところ2375.1g≒2.4kgとなった。

また、術中に出血等もあるはずである。

これも詳しくは分からないので、500g(献血より少し多い程度、おそらく実際より少なめ)の血液が各臓器の摘出ごとに失われるとする。

すると、2000g=2kgとなる。

よって、臓器と血液を合わせて4.4kgとなり、体を抱えてわからない重さでは決してないだろう。


関連記事

スポンサードリンク

タグキーワード
2020.09.02|Genre:|Thread:恐怖の体験話コメント(0)トラックバック(0)Edit
コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © 超怖い話 実話 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます