FC2ブログ

【怖い話 実話 意味怖】年齢は28歳 超絶怖い話 長編 - 超怖い話 実話

ピックアップ!

【怖い話 実話 意味怖】年齢は28歳 超絶怖い話 長編

あと10分ほどで真夜中になるという時間帯に、私は特急電車に乗っていた。

やがて、途中の駅で一人の男が乗り込んできた。

その男は、電車のドアが閉まると、突然我に返ったように乗客の顔を見回し始めた。

「すみません。あなたの年齢は28歳ですか?」

IMG_2112.jpg


男が私に話しかけてきた。

「そうですが、どうしてわかったんですか」

私が聞き返しても、男は無視して、また別の人に話しかけた。

「あなたの年齢は45歳ですか?」

「そうですけど……」

「あなたは62歳ですね?」

「どうしてわかったんだ?」

そんなやり取りを繰り返していく。

どうやら、その男には、顔を見ただけで年齢を当てる特殊能力があるらしい。

次の停車駅までは、まだ15分以上ある。

私を含め、乗客たちは全員その男に注目し始めた。

「あなたは50歳ですね?」

「そうですが、あと5分で日付が変わったら、51歳になるんですよ」

最後に質問された女性は、笑顔でそう答えた。

年齢を当てていた男の顔が、その途端に青くなった。

「凄いですね。百発百中じゃないですか」

私は男に話しかけた。

すると、男は青い顔を私に向け、こう言った。



「・・・私が見えているのは貴方がたの寿命です」





【解説】

















最後の男のセリフから分かるが、男の能力は年齢を当てる能力ではなく、寿命を当てる能力である。

しかし、男は一人を除いて乗客たちの年齢を正確に言い当てている。

これはなぜか?

答えは「乗客の年齢=寿命」だからである。

そして、最後に質問された乗客の女性はあと5分で51歳になる。

しかし、その女性の寿命は50歳である。

ということは、その女性はあと5分以内に死ぬということである。

乗客達は年齢=寿命でもうすぐ死に、最後の女性に至ってはあと5分以内に死ぬことになっている。

電車事故が起こって死ぬと考える方が自然であろう。

しかも、電車は次の駅まで15分あり5分以内に降りることはできない……。


関連記事

スポンサードリンク

タグキーワード
2020.08.26|Genre:|Thread:恐怖の体験話コメント(0)トラックバック(0)Edit
コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © 超怖い話 実話 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます