FC2ブログ

【怖い話 実話 意味怖】蛇口を止めた人間 世界一怖い話 短編 - 超怖い話 実話

ピックアップ!

【怖い話 実話 意味怖】蛇口を止めた人間 世界一怖い話 短編

さて、そろそろ出かけるか

時計を見ると昼過ぎだった

あー、まだ顔洗ってなかった

めんどくさいけど仕方が無い

IMG_1547.jpg


洗面所の水を出してジャバジャバ顔にかける

洗顔料を指の上に乗せ、泡立てて顔に広げ

マッサージしながら洗う

コポコポと排水溝に流れていく水の音が響く

ちと水流しすぎたな・・・そろそろ洗い落とすか

手探りで水を探す

あ、あれ? どこだ? 手に水がなかなか当たらない

泡が目に入るのをこらえながら、直接目で探す

蛇口、蛇口・・・どこだ?

ああ、蛇口あった

蛇口をひねって水を出す

水を顔にかける・・・やっと洗い落とせた

顔にタオルをあて、水気を切る

あ・・・なんか洗面所の鏡見るのが怖いな

ヒゲまだ剃ってないけどいいや

そのまま逃げるように家を出た





【解説】

















水を流しながら顔を洗っていたにもかかわらず、気が付かないうちに蛇口の水が止まっている。

水を流していたのが気のせいでもなければ、誰か蛇口を止めた人間もしくは幽霊がいるのは間違いない。

背後にいる可能性を考えると鏡は見たくないだろう。

関連記事

スポンサードリンク

タグキーワード
2020.08.27|Genre:|Thread:恐怖の体験話コメント(0)トラックバック(0)Edit
コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © 超怖い話 実話 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます