FC2ブログ

[超怖い話 実話]夢の中の男の子 - 超怖い話 実話

ピックアップ!

[超怖い話 実話]夢の中の男の子

超怖い話 実話 短編

ある時期から、霊感がつよくなった時がありました。

昔から、何回か同じ夢を見たり、デジャブなども良く経験していましたが、だいたいは現実離れした夢でした。

大学へ入ってm一人暮らしをする様になってから、そこのマンションでは良く同じ夢を見ていました。

いつも同じ風景、いつも同じ時刻に同じ男の子・・・

3歳くらいの、可愛らしい男の子の夢でした。

IMG_1507.jpg

特に何をするのではなく、夢に出てくるのです。

今の家は3階に住んでいるのですが、1人暮らしのワンルームマンションばかりなので、ファミリー向けのマンションではないので、家族で住んでいる人達はいませんでした。

そんな、男の子の夢を3日間続けて見た時がありました。

同じ夢を毎日毎日、知らない男の子の夢なので、少し気味が悪く感じていました。

その日は、お昼からの大学で、1時くらいに家を出ました。

マンションの入り口付近で、キャバ嬢みたいな人とすれ違いました。

どうやら、ここのマンションに住んでいる住人でした。

その後ろを、私が見た男のが、ぴったりと寄り添う様にくっついて、マンションのドアに入っていきました。

影とかじゃなく、しっかりとした男の子でした。

でも、生身の生きている人間ではないのは分かりました。

ドアに入って行く瞬間  にやり

と私に向かって笑って・・・

にこり、ではなく・・・にやりと・・・

そこからすぐに、引っ越しました。

超怖い話 ランキング ★★☆☆☆

関連記事

スポンサードリンク

タグキーワード
2018.05.25|Genre:|Thread:恐怖の体験話コメント(0)トラックバック(0)Edit
コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © 超怖い話 実話 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます