FC2ブログ

[超怖い話 実話]人間ではなかったのか・・・? - 超怖い話 実話

ピックアップ!

[超怖い話 実話]人間ではなかったのか・・・?

超怖い話 実話 短編

深夜の3時頃、寝ていたら、誰かが入ってくるような音が聞こえてきました。

一人暮らしなので、自分以外には鍵も渡していないし、誰かが入ってくるという事はまず考えられませんでした。

息を潜めて見ていると、女性のような人影が何かを探しているような雰囲気で、部屋をウロウロしてました。

最初は泥棒か?誰か勘違いして入って来たのか?と思いました。

その人影はキッチンに行くと包丁を取り出し、小さいブツブツと呟いているのが聞こえてきました。

このままでは、殺される危険性がある、どうしようと思い布団をかぶって、様子を伺っていました。

IMG_1252.jpg

どのくらい時間が経ったのかわかりません。

その女性らしき影は包丁をキッチンに置いて、ドアから外へ出て行ってしまいました。

通報した方がいいか?と考えましたが、包丁を持っていないなら追い掛けて捕まえようと思い、ドアへ向かいました。

しかし鍵を開けて外に出て周りを見回しても、女性の影は見当たりません。

階下にも降りて探ってみましたが、誰もいませんでした。

そこでふと気付いたのですが、鍵を開けて出たという事は・・・

初めから鍵が掛かっていたか鍵を閉められたと云う事・・・

その人影が鍵を閉めた音がしなかったのと、そもそも鍵を持っているはずはありません。

それにチェーンの鍵までちゃんと閉まっていました。

不思議な体験でした。

超怖い話 ランキング ★★★☆☆

関連記事

スポンサードリンク

タグキーワード
2018.05.25|Genre:|Thread:恐怖の体験話コメント(0)トラックバック(0)Edit
コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © 超怖い話 実話 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます