FC2ブログ

【怖い話 実話 心霊写真】予言 芸能人 恐怖の館 本当の画像 短編 - 超怖い話 実話

ピックアップ!

【怖い話 実話 心霊写真】予言 芸能人 恐怖の館 本当の画像 短編

昭和53年、西田敏行のチャリティーコンサートで

撮られたものである。 ステージに立つ西田をはじめとする

ゲストの面々を写したものである

(ここに掲載された写真に写っているのはタモリである)。

結局この写真に写った人物は全てピンぼけ状態であり、写真としては失敗の部類に入る。 ところが、一ヶ所だけ完全にピントが合っている部分がある。 それが横倒しになって写っている女性の顔である。

写った色から考えると死霊とも判断できるが、その顔の輪郭や写っている状態などを考慮すると、 むしろ生霊の可能性の方が高いように感じる(鑑定結果も“熱烈な”西田敏行ファンの生霊としている)。 今で言うところのストーカーに近い行為を霊が行っているのである。 実際この当時、西田敏行は姿の見えない何ものかと遭遇したという体験を語っている。

ただし鑑定文はその後も続き“今後、西田敏行は女性の間で支持される歌を出すだろう”という この霊の出た意義について書かれている。 実際、彼はその後『もしもピアノが弾けたなら』というヒット曲を出している。 予言的中! と言いたいところなのだが、この曲が出されてヒットしたのは昭和56年。 そしてこの鑑定文が書かれた本が出版したのは昭和57年。何とも微妙である。 ともあれ、予言がこの心霊写真の価値を減じさせることはない。

sato79.jpg



関連記事

スポンサードリンク

タグキーワード
2020.09.06|Genre:|Thread:恐怖の体験話コメント(0)トラックバック(0)Edit
コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © 超怖い話 実話 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます