FC2ブログ

【怖い話 実話 じわ怖】この夏に、ご先祖様のところ 異世界じわじわ来る怖い話 短編 - 超怖い話 実話

ピックアップ!

【怖い話 実話 じわ怖】この夏に、ご先祖様のところ 異世界じわじわ来る怖い話 短編

祖母が94際の時、かかりつけの医者の誤診で

大手術を余儀なくされ、別の病院へ運ばれた時のこと。

父も担当医から、高齢を理由に

覚悟をするように言われた。

IMG_1838.jpg



手術は成功したけど、祖母は2週間ほど意識がなく、
もうこのまま目が覚めないのでは・・と、身内が泊まりこんでいた。

そんな頃、いつものお坊さんが、祖父の月命日でお経をあげる為に家に来るなり、
「門の所に行者様がいらっしゃいませんが、何かありましたか?」と。 母が祖母の手術の事を伝えると、
「ああ、なるほど。今、行者様はお婆様について行かれてますね。
 退院して行者様が帰って来られたら、表門ではなく裏に、蛇に姿を変えて戻られますので、
 お酒・玉子・塩を、毎月○日に供えて下さいね」と言った。

数日後、目が覚めた祖母に、
いきなり「誰がお経を詠んでるの?」と深夜病室で言われた私は、チビリそうになり、
「こんな夜中に誰も詠まないよ」と答えると、
「そんなはずはないよ。聞いた事もないぐらい優しい声で、誰かが詠んでる」と言って眠りに落ちた。

しばらくして担当医が、一回も痛みを訴えない祖母に「どこも痛くないんですか?」と聞くと、

「痛みを感じそうになると、すうっと眠くなって、私は竹やぶの中にいるの。
 竹やぶの奥座敷から、いい香りのお線香の香りがして、
 子供の頃に歌った童話や軍歌、いつもご先祖様にあげてるお経が、なんとも言えない優しい声で聞こえてくる。
 それに聞きほれていただけで、痛みを感じた事は一回もないよ」
 
と言って、一ヶ月後ありえない回復力で退院した。

祖母は先祖供養も欠かさない人だったよ。

この夏に、ご先祖様のところへ眠るようにいっちゃたけどね。98歳でした。


関連記事

スポンサードリンク

タグキーワード
2020.10.02|Genre:|Thread:恐怖の体験話コメント(0)トラックバック(0)Edit
コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © 超怖い話 実話 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます