FC2ブログ

【怖い話 実話】おばあちゃん、ありがとう!本当に怖い不思議な話 長編 - 超怖い話 実話

ピックアップ!

【怖い話 実話】おばあちゃん、ありがとう!本当に怖い不思議な話 長編

ついこの前の話私は大学生なんだけど、

その日は普通に講義を受けてた。

その講義は友達もいなくて、まんなかの

席を陣取るのもなんとなく気が引けたから、

IMG_1994.jpg


後ろの方の席に座って、講義を聞いていた。

その前日、飲み会で徹夜していたからだろう、私はいつの間にか気持ちよく眠ってしまってた。
それでしばらく、そのまま寝てたんだけど、何だか隣の席から変な音がする。

コツッ・・・コツッて何かが軽くぶつかるみたいな音。
せっかく気持ちよく寝てるのにうざいなー、って思いながらもその時はそのまま机に突っ伏せて寝てた。
でも、ずーっと続くんだよね。
その音。
コツッ・・・コツッ・・・って一定のリズムで。

隣のやつがシャーペンで机でも叩いてるのかな?と思った。
たまにいるよね、そういう癖がある人。

ずっとその音聞いてたら、何だか目も冴えてきちゃって、あーもう起きようって気になった。
そんで机から顔をあげて、ついでに隣のやつがどんなやつか見てやろうと思ったの。

見なきゃよかった。

よく考えたら私の席、窓際だった。
隣のやつなんか要るわけない。

その代わり、窓の向こうにはいた。

もう、思い出すだけで寒気がする。

そいつの顔は女だった。
すっごい白い肌をした、黒髪の女。

怖いのは身体だった。

まず、身長が異常に低かった。
椅子に座ってる私よりも頭は低い位置にあった。
でもそんなことより気持ち悪いのが、身体の作りというかなんというか・・・。
細すぎる。
本当に、テレビで見る拒食症とかそんなレベルしゃない。
骨だけっていうか、骨も入ってんのソレ?って位。

でも顔だけは普通の顔。
黒髪の綺麗?な女の顔なんだよ。
そのアンバランスさがとにかく気持ち悪かった。
そんな奴が、窓の外のバルコニーに立ってた。

枯れ木みたいにガリガリの腕で窓ガラスを叩きながら。

コツッ・・・コツッ・・・。

本当に怖い物を見た時って、逆に目を離せなくなるもんなんだろうね。
全くの無表情で窓を叩く女を見ながら、そう思ったよ。

女を見てる間、心の中でずっとナムアミダブツを唱えてた・・・。
でも全く効かないから、もう藁にもすがる思いでおばあちゃん助けて!
お願い!!

って去年死んだおばあちゃんに向かって念じた。
(私に優しいおばあちゃんだったのと、霊感があってそういう相談にのっていた人だった)

そしたら、その瞬間女の姿がスーっと薄くなっていって、気がつけば消えていた。

今はおばあちゃんの仏壇にお参りするために、地元に帰ってるところです。
好物だったバナナもお供えした。
おばあちゃん、ありがとう!

でも、もうあの教室には一人では入らない。
単位落としてもいーや。


関連記事

スポンサードリンク

タグキーワード
2016.07.30|Genre:|Thread:恐怖の体験話コメント(0)トラックバック(0)Edit
コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © 超怖い話 実話 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます