FC2ブログ

【怖い話 実話 本当にあった怖い話】止められないもうひとりの自分 やばい話 長編 - 超怖い話 実話

ピックアップ!

【怖い話 実話 本当にあった怖い話】止められないもうひとりの自分 やばい話 長編

まだ厨房の頃の話。

ある朝登校すると、女子の一人が

「○○(俺の名前)って

A学院通ってんだぁ」

IMG_2501.jpg



と言ってきた。

A学院とは近所の進学塾。

自慢じゃないが俺は当時成績も良く、
実家がド貧乏だった事もあり、塾通いなんかしていない。 「通ってねぇよ」

と言うと、昨日の夕方、A学院から出てきた俺を見たという。

人違いだと言っても、顔も見たし手も振ってきたという。

俺の地元は田舎なんで学区内の皆顔見知りだし、
確に間違われようが無い。

でもその日のその時間は、間違いなく家に居たんだが・・・

その数週間後、近所に新しい古本屋が出来たとあって、
友人達と行ってみた。

すると店に入るなり、店の親父がブチギレて走ってきた。

他の友人に目もくれず、真っ直ぐ俺に向かってダッシュしてくる親父。

そして突然俺に向かって、

「良くまた来れたな!!よしっ学校に連絡してやるっ!!」

はあっ?とか思ってると、
あれよあれよという間に裏の事務所に連れてかれた。

「何すんだよ!クソじじいっ!!」

すると店の親父の話では、前の週の店のオープン初日に俺が来店。

漫画からエロ本から万引きして逃走したという。

「んな事してねえよっ!俺今日初めて来たんだぞ!」

と言っても信じてくれないし、友人達もだんだん疑いの眼差しに。

とりあえずと学校に連絡され、担任が登場する事になった。

担任登場平謝り。

しかし詳細を聞いている内に、担任も変な事に気付いた。

「11月7日ですか?あれ?○○(俺の名)。
その日ってお前、工藤んちに居なかったか?」

そういえばその問題の日、
俺と友人数人は文化祭の準備で工藤という友人宅に集まっており、
親に行き先を告げて無かった友人の母親が、「娘の帰りが遅い」と大騒ぎ。

連絡網を使って、担任が工藤の家に迎えに来た日だった。

「その万引き犯はこの子じゃないですね、時間的にも。私が証人です」

と担任が言ってくれたが、店の親父は納得行かず担任と大喧嘩。

「じゃあコレ見てみなさいよ!」

と防犯ビデオ再生。

映ってるのは顔こそ白黒で分かりづらいが、まさしく俺のようだった。

その後、

「まぁ今回だけは」

と、お互い納得いかない感じでうやむやに。

しかし、もう一人の俺は、この先も更に登場しつづける。

中3の時1コ上の女の先輩から電話が、

「ねぇ、Kちゃんて娘知ってる?」

「いや、知らないすよ」

「そう。何か隣のクラスの娘で昨日初めて喋ったんだけど、あたしの出身中学言ったらさ。
○○君と一緒だ!ってアンタの名前言ってたんだよ」

「へぇ、その人ドコ中すか?」

「ドコ中も何も県外から来た娘だよ。
何か、最近アンタから連絡無いって落ち込んでたよ?」

「知らねぇすよ(笑)可愛いんすか?その人」

「本当に知らないの?!嘘だったらアンタ最低だよ!」

「何で怒ってんすか!!本当に知らないっすよ!!」

「本人、先月アンタにナンパされて、ヤッちゃったって言ってるんだけど」

「はぁっ!!?」

もちろん身に覚えなんて無い。

だから一回会わせてくれと言う事になった。

翌日、そのKという女に会う。

もちろん顔も見たこと無い、しかしタイプ。

そしたらKは、俺の事詳しい詳しい。何でも知ってる。

俺から直接聞いたといって泣きじゃくる。

俺じゃないと言っても聞かない。

何とかKをなだめて、

「とりあえずこれから交流深めていいお友達に」

という事に。

そんでそれからKとどんどん仲良くなって、
俺が高校入った頃には『もう一人の俺』話も信じてくれるようになり、
彼女みたいになってきた。

すると俺が高1の夏、コンビニのバイトしてる時に変な事が。

『スタッフおすすめ!』ってカードに、
自分のプリクラ貼って商品とかに付けてたんだけど、
その中の俺のプリクラだけ傷だらけに。

「誰だこんな事すんのは?」

って外したら、カードの裏に爪でひっかいたような文字が。

『あのおんなはおれがさいしょだったろうが』

それから間も無く、Kから別れを告げられました。

理由を聞いたら、

「あなた達には関わりたくない」

と言われました。


関連記事

スポンサードリンク

タグキーワード
2016.07.31|Genre:|Thread:恐怖の体験話コメント(0)トラックバック(0)Edit
コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © 超怖い話 実話 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます