FC2ブログ

【怖い話 実話 心霊写真】撮影後遠からずして亡くなっている 危険すぎる最強最悪の地縛霊本物画像 短編 - 超怖い話 実話

ピックアップ!

【怖い話 実話 心霊写真】撮影後遠からずして亡くなっている 危険すぎる最強最悪の地縛霊本物画像 短編

これは心霊写真というよりも、

非常に“奇妙な”写真である。

晴天のゲレンデを滑る3人の人物。

そのうちの一人だけに影がない。

ゲレンデという場所なので、日の光をさえぎるような障害物があるとは考えられないし、 またそのようなものがあれば、白一色のゲレンデに必ず別の影が出るはずである。 ここまで条件的に様々な理屈を取り除くことができるケースは稀である。

だが、なぜ一人の人物だけに影が写らなかったのか。それは謎である。 言い伝えによると、影がないということはその人の死期が近いということである。 もしかすると、この女性はこの撮影後遠からずして亡くなっているかもしれない。 残念ながら、これについての追跡調査はなされていない。

nakaoka10.jpg



関連記事

スポンサードリンク

タグキーワード
2016.08.05|Genre:|Thread:恐怖の体験話コメント(0)トラックバック(0)Edit
コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © 超怖い話 実話 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます