FC2ブログ

【怖い話 実話 意味怖】警察に呼ばれ 意味が分かると怖い話 短編 - 超怖い話 実話

ピックアップ!

【怖い話 実話 意味怖】警察に呼ばれ 意味が分かると怖い話 短編

昔物凄く年上の男と同棲して

3ヵ月後。

その男が逮捕され私も

警察に呼ばれ事情を聞かれた。

IMG_1794.jpg


警察では好きなものを取っていいよとそばやのメニューを見せられ

天ぷらうどんをご馳走してもらった。



冷たいものを飲みたいと言ったら水が出てくると思ったがカンのお茶をくれた。



警察は「彼はしばらく出てこれないと思うよ」と。



聞けば彼は前科14犯だった。



飲酒運転で捕まった過去は知っていたが・・。



最後に普通の車で家まで送ってくれた。



彼が拘置所に移されたあと警察官が二人で心配して様子を見に来てくれた。



玄関を開けた時の最初の一言が「おお!生きてるか!?」だった。





警察は思ったよりも優しい人ばかりだったなあ。





【解説】

















実際は同棲していた訳ではなく、拉致されていた。



語り手は「加害者の元同居人」ではなく

「被害者」なので警察は扱いが優しい。



「おお!生きてるか!?」

という言葉は

犯人が逮捕されたことで自殺していないか、

もしくは実は同棲ではなく拉致されていたという事実に気付いて自殺していないか、

が心配で様子を見に来た。



『彼が拘置所に移されたあと警察官が二人で心配して様子を見に来てくれた。』

という言葉があるので、

「同棲していた犯人が逮捕されたことで自殺をするかもしれない」

と考える方が自然かもしれない。



この症状はストックホルム症候群であると言えるが、

自分が生きるために必要な本能による戦略とも言えるため、

何事にも適用しようとする人というものは凄いと思う。


関連記事

スポンサードリンク

タグキーワード
2016.08.11|Genre:|Thread:恐怖の体験話コメント(0)トラックバック(0)Edit
コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © 超怖い話 実話 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます