FC2ブログ

[超怖い話 実話]廃墟の住人 - 超怖い話 実話

ピックアップ!

[超怖い話 実話]廃墟の住人

超怖い話 実話 短編


地元の家の近くの山奥に、一軒だけポツンとあって気になった家があった。

いわくつきっぽい廃墟で、中学の時の友人5人と中に入ってみようと言う事になった。

家の中は特に変わりは無く、特に霊的な事なども感じない普通の一軒家だった。

二階に上がり、部屋などを見て回り、何にも無いならもう帰ろうかと言う時 ・・・・・

一階の風呂場にいた友人が、 うわ〜と声が聞こえたので、皆で駆け付けた。

友人が風呂場から出てきたので、何事かと風呂場に入ると、物凄い異臭がした。

お風呂場にある風呂オケを覗き込むと・・・・

風呂オケ一杯の人間の排泄物があった。

もの凄い悪臭・・・

IMG_1573.jpg

皆で大騒ぎしていたその時・・・・

二階から階段を下りる音・・・・・

 ” コツ コツ コツ ”

懐中電灯で音がする方を照らすと、階段をフラフラ降りてくる。

全裸でガリガリ痩せていて、包丁を持っていて骸骨みたいな男・・・

口にはヨダレがこびり付いた跡があり、腕には無数の注射跡が見えた。

何を言っているかわからない言葉で、物凄い早口で喋りながら首をグラグラカクカクさせながら降りてくる。

壊れた操り人形みたいだった。

それを見た瞬間、全員でなりふり構わず全力で逃げ出して、自転車で逃げました。


超怖い話 ランキング ★★☆☆☆

関連記事

スポンサードリンク

タグキーワード
2018.05.30|Genre:|Thread:恐怖の体験話コメント(0)トラックバック(0)Edit
コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © 超怖い話 実話 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます