FC2ブログ

[超怖い話 実話]夜中に掻きむしる音 - 超怖い話 実話

ピックアップ!

[超怖い話 実話]夜中に掻きむしる音

超怖い話 実話 短編


昔、社員寮で暮らしていた頃にあった怖い話です。

夜中にどこからか、物音がするので目を覚ますと、月明かりに照らされている部屋に影が見えました。

寝ぼけたいたので、なんだろ?と思って、よく見ると・・・・・

髪の長い正座した女が、両手を前に突き出し顔を畳に押し付けている姿。

その女が畳を  ” バリバリ・・バリ・・”

と掻きむしっている音だった。

早く、逃げなくちゃと思ってもなかなか体が動かなかった。

目をつぶって、早く消えろ・・消えろ・・・と心の中で言っているうちに、そのまま寝てしまったみたいだった。

朝になっていた。

IMG_1387.jpg

次の日、掻きむしっていた所が気になって、畳をひっくり返した。

 七五三の写真が出てきた

その写真には、針が無数に写真と畳に打ち込まれていた。


超怖い話 ランキング ★★★☆☆

関連記事

スポンサードリンク

タグキーワード
2018.05.30|Genre:|Thread:恐怖の体験話コメント(0)トラックバック(0)Edit
コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © 超怖い話 実話 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます