FC2ブログ

【怖い話 実話 じわ怖】仲良し五人組 日常の怖い話 長編 - 超怖い話 実話

ピックアップ!

【怖い話 実話 じわ怖】仲良し五人組 日常の怖い話 長編

リア厨の頃の話なのですが。(中三)

それぞれクラスは違うけど、

仲良し五人組で

いつも一緒でした。

IMG_1747.jpg


当時、僕等は学校が終わってから一度家に戻り、塾へ行くまでの間、
順番に誰かの家に集合して、マンガ読んだりアニメを観たりして過ごしました。

ある日、いつものようにA宅二階で五人が集まった。

僕はマンガ本を、もう一人はお菓子を食べながら、
そしてあと三人はテレビを?観てたと思う。

その三人のうちYってやつがトイレへ行った。 トイレは一階にあり、Yは六畳ふすまのその部屋を出て階段を降りていった。

時間は夕刻五時ごろ。

アニメの時間から察するにそういう時間だったと。

で、Yがトイレに行ったと書いたけど、
実はその辺は記憶していない。想像だ。

しかし、確かに僕等のいる部屋から一人が出て行ったことには違いない。

それがYだと言う事もハッキリしている。

Yが戻ってきた。

ふすまを開けて「ただいま」。

Aがそれに答えて「おう」。

間髪いれず、Yがふすまを開けて「ただいま」。

Aがそれに答えて「おう」。

僕等は「え?」と、顔を見合わせた。

何故か好奇心旺盛なガキらしく、
皆一様に愉快な事に興奮しているような顔つきだった。

僕もとっさの事にマンガを置いて息を呑んだ。

誰か二人が声をそろえた。

「二回目!」

同時に同じコトが連続して起こったのです。

Yがふすまを開けて「ただいま」。

Aが「おう」。

それが間をおかずに二回。

例えば、Yが悪戯目的で一度ふすまを開けて、
一旦閉じ、もう一度開けて「ただいま」だったら、
ふすまを閉じてる時間が多少必要になる。

また、Aはふすまを開けて「ただいま」と言うYを実際に目撃している。

二回。

Aは寝そべってテレビを観ていたので、
「おう」と言ったときはちらっとYの方を向いただけ。

それも二回立て続けに。

ただ、僕とお菓子を食べていたもう一人、
そしてテレビを観ていたもう一人は、
自分の行動が二回起こった自覚はない。

ひょっとしたら、マンガを読んでいた僕などは、
同じ所を二度(同じコマを)読んだかもしれないが、
そういうことは別に意識するほどの事も無いので、
二度読んだという自覚に結びつかなかったのだろうと思う。

とにかく、僕等は盛り上がった。

しかしその晩、一人になって考えてみて、ぞ~っとした。

あれは何だったのだろうかと。

幽霊でも何でもなく、とにかく気味悪い。

一番気にしていたのはYだ。

もう何年も会ってないが、当時は、
「あれは本当にわからない」とか、
「確かに二度立て続けにふすまを開けたしなあ」とか。

さらに、こんな事も言っていた。

「最初に開けた時、部屋の雰囲気がちょっと暗かったような」

僕はそこに手がかりがあると思ったのだが、あえて言及しなかったし、
皆その話題にあまりふれようとはしなかったので、僕も忘れる事にしていた。

実際、あれは不思議な感覚だった。


関連記事

スポンサードリンク

タグキーワード
2016.08.14|Genre:|Thread:恐怖の体験話コメント(0)トラックバック(0)Edit
コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © 超怖い話 実話 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます