FC2ブログ

【怖い話 実話 本当にあった怖い話】二十歳くらいの女性 めちゃくちゃ怖い話 短編 - 超怖い話 実話

ピックアップ!

【怖い話 実話 本当にあった怖い話】二十歳くらいの女性 めちゃくちゃ怖い話 短編

高校1年の夏、

私は自宅の3階で寝ていました。

朝の10時頃

だったと思います。

IMG_2048.jpg


足下のドア窓を開け放しで寝ていたので

外の音もよく聞こえていました。

目を開け起きようとしたところ金縛りに

あったらしく声も出ません。

目だけキョロキョロと動かしていると

錫杖とチリーンという鈴の音が聞こえました。

私の頭の中でデンデンデロロンと

太鼓の音が響きはじめました。

すると私の視線が勝手に窓の外に移りました。

そこには、茶色地に水色の花の模様が入った

ワンピースを着た

二十歳くらいの女性が立っていました。

その女性はものすごく不自然な格好で頭を

私の方へだらりと下げ揺れていました。

首は完全に折れ曲がり鼻が胸にくっつくような

窮屈な体勢でした。

私は背中と首筋がが熱くなり声を出そうとしましたが、

ハゥーハゥーとかすれた唸り声をあげるのが

精一杯でした。

そしてまた私の視線が勝手に移り女性の後ろから

夏服を着た男子高生が現れました。

その男子高生も首が深く折れ曲がっており、

手首はブランと力ない感じで左腕を垂直に

突きだし女性の後ろを横切っていきました。

私の咽はカラカラに渇き、首筋と背中に

大量の汗を掻いていました。

私はもう一度大声を出してみました。

今度は声が出て、ワァッ!という声で

私は跳ね起きました。

金縛りは解け外には何もなくなっていました。

それから私はこういった体験はしていませんが、

家に泊まりに来る友人の多くは鈴や

錫杖の音を聞いたり、

足下に人の気配を感じたりするといっています。

先日、心霊現象好きの友人が家に来た時に

久しぶりにあの鈴の音を聞きました。

もうすぐ当時と同じ夏がやってきます。


関連記事

スポンサードリンク

タグキーワード
2016.08.30|Genre:|Thread:恐怖の体験話コメント(0)トラックバック(0)Edit
コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © 超怖い話 実話 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます