FC2ブログ

【怖い話 実話 意味怖】一度目のゴミが無くなってた。 意味が分かると怖い話 短編 - 超怖い話 実話

ピックアップ!

【怖い話 実話 意味怖】一度目のゴミが無くなってた。 意味が分かると怖い話 短編

いつもゴミ回収日の前の夜のうちにゴミ出しをしてるんだけど、

今日はゴミが多かったので2回に分けて運ぶ事にしたんだ。

一度ゴミを出し、家に帰って二度目のゴミ出しを

しようとしたら、すでに一度目のゴミが無くなってた。

IMG_1521.jpg


【解説】





夜なのでゴミ収集車は来ない、

と思いきや福岡市内では夜中に来るようで。

とはいえ、2回目を運んでみたら、

1個目はなかったとか、

そんなすぐにゴミ収集車に持っていかれるはずもない。

これがゴミ収集車であれば、

ゴミを捨てる場所が遠すぎるということに。

また、『1個目』という言い方なので、

他の人のゴミはなくなっていないはず。

そもそも

『いつもゴミ回収日の前の夜のうちに

ゴミ出しをしてるんだけど、』

という言葉自体が普段は朝に回収していることを

示しているわけだが…。

なので、ストーカーに持っていかれたか、

もしくは探偵に持っていかれたか…。

ストーカーも怖いが、

仮に浮気などでもしていたら、

探偵だったとしてもガクブルだろう。


関連記事

スポンサードリンク

タグキーワード
2016.09.27|Genre:|Thread:恐怖の体験話コメント(0)トラックバック(0)Edit
コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © 超怖い話 実話 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます