【怖い話 実話 本当にあった怖い話】1人の女性が立ってた 短編 - 超怖い話 実話

ピックアップ!

【怖い話 実話 本当にあった怖い話】1人の女性が立ってた 短編

地元で湖に続く峠があって、

そこを友人がバイクで登ってた時の話。

友人は家が湖の近くだったから、帰宅中で、登り初めて

1分もしないうちに1人の女性が立ってたらしい。

IMG_2363.jpg


時間は午後9時、夏だけど、

暗くなって来たから友人はその女の前で止まって、

声を掛けて上の方まで乗せてあげようとしたらしい。

暗い感じの女だけどまぁまぁ綺麗だったらしくて、

ちょっぴり期待したらしい。。。

女を乗せて登り始めたんだけど、

3分くらいしてなんとなく見ミラーを見たら、

女が写って無いんだって、

でもちゃんと女の両手は自分の腰にあるし、

後ろを見てもちゃんと女は乗ってる。

おかしいと思いながらもしばらく走ったんだって、

そしてまた数分して何か嫌になってもう

1回ミラーを見たらしい、

そしたら今度は首だけが消えてたらしい。

ゾクッとして後ろを見ようとした瞬間、

その女の両手が友人の腰を思いっきり

絞めたんだって。

恐くなって軽いパニック状態になった友人は

女を乗せたまま転倒、

でも物損でもなく道の真ん中だったから、

すぐに起き上がってその場を急いで

離れようとしたらしい。

バイクにまたがって、発進しようとした瞬間、

後ろを見たら、

後ろで倒れてた女が首だけを起こして

『待ってよ。。。』って一言。

その友人は急いで発進、

そしたらその女が

四つん這いのまま追いかけて来たんだって。


関連記事

スポンサードリンク

タグキーワード
2016.09.30|Genre:|Thread:恐怖の体験話コメント(0)トラックバック(0)Edit
コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © 超怖い話 実話 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます