【怖い話 実話 本当にあった怖い話】工場の前の草むら 短編 - 超怖い話 実話

ピックアップ!

【怖い話 実話 本当にあった怖い話】工場の前の草むら 短編

ちなみにSさんのお店は段々常連客が

増えて軌道に乗ってきたようです。

では、もういっちょ母体験談を書き込みますね~

私が中学生の頃弟が祖父のところで

IMG_1519.jpg


花札を覚えてきて家族の中で

流行ったことがありました。

土曜の夜、明日は休み~ということで夜中まで

花札をしていました。

父が突然

「ラーメンが食べたいなぁ」

と言い出したので車で20分程度の

夜中までやっている

ラーメン屋さんに行くことになりました。

お腹いっぱい食べて帰り道、弟が早く帰って

花札したいとゴネだしたので山道を通って

早道することになりました。

狭い道路の両側にたくさん木が生えていて、

暗いし私はあまり好きな道ではありませんでした。

その道を走っていると工場があるのですが

その工場の前を通ったとき母が「停めて!」と言いました。

家族は文句ブーブーだったんですが、

父がちょっと離れたところに車を停めました。

「ねぇ、工場の前の草むらに女の人がいたよ。

こんな夜中で車も滅多に通らない道だし、

何かあったのかも知れないし、

とりあえず戻ってみない?」

母の言葉に私たちは半信半疑でしたが、

結局狭い道を必死にUターンして戻ってみました。

「ここ!この辺!」

と言うので停まって探してみたのですが見当たりません。

いないじゃーんとみんなで母を批難していたら

おかしいなーといった感じで

「あそこにいるじゃない。ガードレールの後ろ・・・

ほら、髪が長くて白いワンピース着てるでしょ?

ノースリーブの・・・」

そこまで言いかけた母は何かに

驚いたように黙ってしまいました。

その時季節は冬。

お正月すぎたばかりの1月半ばでした。

「なんで・・・今の季節にノースリーブなんて、

おかしいよね?おかしいよね?」

母は必死に私たちに話しかけますが

私たちには見えないのでこちらも困惑するばかりです。

どうしたら良いやら困っていると

「出して!早く車出して!!早くっ!!!」

物凄い形相で母が叫びました。

その声にびっくりして私と弟は頭を抱えて下を

向いてしまいました。

父は車を急発進。

「やだっ、追いかけてくる!早く!もっとスピード出して!!」

何がなんだかわからない父も

必死にぐんぐんスピードを出して車を走らせました。

その間にも母は

「早く!早く!!!」

と凄い勢いで叫んでいました。

途中は叫ぶ・・・というか泣き叫んでました。

家に着いた頃には全員冷や汗びっしょりでした。

とにかく見えなくても怖くて怖くて・・・。

何より父の言葉が怖かったんです。

「あのさ、ガードの後ろって言ったよな?

でもあそこのガードの裏はすぐに崖みたいになってて

人なんて立てないんだぞ?

工場が何年も前にあそこを削って

その砂でデコボコだった駐車場を整備したんだよ。」

その場が凍りつくのがわかりました。

あれから私も免許を取って車に乗るようになりましたが、

あの道だけは通っていません。

父も母も避けているようです。

工場のつくりがちょっとわかりにくいと思うのですが、

母が女の人を見た、というガード側は

崖の下が資材トラックの駐車場になっていて、

工場自体はかなり遠くに建っています。


関連記事

スポンサードリンク

タグキーワード
2016.09.30|Genre:|Thread:恐怖の体験話コメント(0)トラックバック(0)Edit
コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © 超怖い話 実話 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます