[超怖い話 実話] ようこちゃん - 超怖い話 実話

ピックアップ!

[超怖い話 実話] ようこちゃん

超怖い話 実話 長編


高校生の時は、電車通学でした。

小田原方面の電車に乗っていた時の通学途中の電車の中・・・

朝はいつも込み合っていて、学生がとても多いのですが、座席に座りたいので

座席の前の場所のつり革につかまろうと、して空いていたつり革の空間に入り込みました。


IMG_1620.jpg

自分の前に座っていたのが、おばあさんで・・・

人間の子供の大きさ程もあり、日本人形を抱いていました。

自分の子供の様に話しかけたり、顔と顔をすりあわせたりして。

 『 ようこちゃん ようこちゃん 』

と、しきりに人形に話しかけていました。

でも、周りの人はおばあさんの事は見ていないし・・・

ぼけている様子でもなかったです。

私にだけ、見えていたのか・・・?

同じ車両に乗っていたクラスメイトに聞いても、知らない・・・と言っていました。

あんな大きな日本人形を見たには、初めてでした。


超怖い話 ランキング ★★★☆☆

関連記事

スポンサードリンク

タグキーワード
2018.06.06|Genre:|Thread:恐怖の体験話コメント(0)トラックバック(0)Edit
コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © 超怖い話 実話 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます