[超怖い話 実話] 私の知って欲しい事 - 超怖い話 実話

ピックアップ!

[超怖い話 実話] 私の知って欲しい事

超怖い話 実話 長編


地方から、関東へ転勤の為に引っ越してきました。

その時は、一人暮らしを初めてしました。

1週間後たったある日、ポストに1通の手紙が入っていました。

切手がはってなかったので、そのままポストに入れて感じでした。

昨日の夜にはポストに何も入ってなかったので、おかしいとは思ったのですが、手紙を開けてみる事にしました。

IMG_1576.jpg

○○さんへ

私の知って欲しい事。

私は○○県○○市○○町1−5

上○ ともこです。

私はピーマンが嫌い

私はおばけが嫌い

私はネコが好き。

私は赤い色が好き。

・・・・・・・・・

・・・・・・・・・

などと、手紙の主の人が書いた好き嫌いの様な内容の手紙でした。

でも最初の手紙の○○さんへの所は、自分の名字だったので、気味が悪くてそのまま捨てました。

次の日の朝、恐る恐るポストを開けてみると

 また 手紙が・・・・・

開けてみると、こんどは料理のレシピが書いてある手紙が20枚くらい・・・

次の日も次の日も・・・・

毎朝、ポストに入っている。

手紙を入れる犯人を見てやろうと思い、その日はずっと起きていて見張っていました。

 ” コトッ ”

朝の4時過ぎでした。

ドアのポストに手紙が入りました。

そ〜〜っと、ドアののぞき穴から覗いてみると・・・

 「 顔見知りの人でした 」

今まで、女だったと思っていたのは男で、営業で回った社員の一人の年配の男性でした。


超怖い話 ランキング ★★★☆☆

関連記事

スポンサードリンク

タグキーワード
2018.06.06|Genre:|Thread:恐怖の体験話コメント(0)トラックバック(0)Edit
コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © 超怖い話 実話 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます