FC2ブログ

[超怖い話 実話] 暑い夜の出来事・・・ - 超怖い話 実話

ピックアップ!

[超怖い話 実話] 暑い夜の出来事・・・

超怖い話 実話 長編


一人暮らしを始めたばかりの、3年前程の夜にあった超怖い話です。

その日は、夜になっても気温が下がらずに熱帯夜でした。

一人暮らしをしていたので、節約のために冷房を付けずにいました。

部屋の中は、昼間の暑い気温が室内にこもっていて、蒸し暑さを我慢しながら寝ていました。

うとうとと眠りにつく前、突然金縛り状態になりました。

まったく体が動かない状態。

金縛りは初めての経験だったので、怖くなってしまい目をつぶっていると

自分の頭の上くらいに、何か人間ではない気配がしました。

気配は、どんどん自分の顔に近づいてくる感じが・・・・

恐怖で背中に汗をかいているのが感じとれ、怖くて目を開けることができませんでした。

IMG_1787.jpg

体から、汗が吹き出てくるのがわかりました。

その汗は、耳の裏を通りのど仏へ這うようにつたっていきます。

す〜〜〜〜〜っと、つたっていく感じでした。

でも、何か違和感を感じました。

仰向けで真上を向いて寝ているのに、汗が耳の裏を通っていき・・・・・

のどの方へつたっていくには、無理なはず。

めちゃくちゃ怖かったのですが、目を開けました。

     思った通りでした。

首から下のない女性でした

何度も何度も、首からのどにかけて・・・

汗だと思っていたのに、その女の人の舌でなめられていた様でした。

気がつくと朝になっていました。

びっしょりに汗をかいていて、夢ではないのは、自分以外の長い髪の毛が数本

布団の上に落ちていました。


超怖い話 ランキング ★★★★☆

関連記事

スポンサードリンク

タグキーワード
2018.06.06|Genre:|Thread:恐怖の体験話コメント(1)トラックバック(0)Edit
コメント
非公開コメント

こーゆー幽霊的なものの髪を藁人形とかで呪ったら、幽霊も呪いのダメージ受けるんだろうか…

2018-06-18 18:10 from -

トラックバック
Copyright © 超怖い話 実話 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます