【怖い話 実話 ほん怖】頭が痛く吐き気 国道 長編 - 超怖い話 実話

ピックアップ!

【怖い話 実話 ほん怖】頭が痛く吐き気 国道 長編

俺はずっとやめてたバイクを買ってまた乗り出した。

いわゆるリターンライダーってやつだ。

これで通勤はできないが乗りたくてしかたないんで、

毎日仕事が終わってから

IMG_1774.jpg


1~2時間ばかり近くの峠で慣らしをしてたんだよ。

そこは別に有名な走り屋のスポットとかじゃなくて、

何でもないただの国道。

しかも俺は仕事終わって飯食ってから走るんで、

だいたい9~11時頃になる。

その時間帯になると田舎だから

通勤の車もほとんどなくなり、

1時間で10数台くらいしか対向車がいないんで、

けっこう思い切って走ることができる。

んで1ヶ月くらい前のことだけど、

走っていたら大きなカーブの先に赤い光が見える。

「あ、ヤベ警察か!」

と思ったけど、

光はそんなに強くないし点滅もしていない。

ぼんやりとにじむような感じなんだ。

そのとき思い出したんだが、

そこは数年前に事故があった場所で、

たしかセンターラインを越えて突っ込んできたトラックに

車が接触して飛ばされ、

崖下に落ちて死者が出てるはず。

原因はトラックの居眠りだったか酒酔いだったか。

何で覚えてるかというと、

その頃は車でたまに通ったりしてたが、

事故後一ヶ月くらいの間、

新しくなったガードレールのそばに花束が

供えられていたのを見たからだ。

それを思い出してちょっと怖くなった。

赤く光っているのはちょうどそのあたりだし。

ただ赤い光といっても

何かが燃えているような感じではなく、

提灯とか灯ろうのようにぼやっとしている。

だんだん近づいてきたが、

カーブを曲がり終えたとたん赤い色は見えなくなった。

んでガードレールの前には、

数年前と同じところに花ともう一つ何かが置いてある。

光のことが気になっていたんで、

バイクを近づけて停める。

よく見ると大きな花束なんだけど

菊とかお盆に供えるような種類で、

白い包み紙に字が見える。

そこは事故があった後近くに

街灯が増設されていて明るいんで読んでみると、

『娘の三周忌に』と筆ペンかなんかで書いてる。

それを見て

「ああそうか気の毒に・・・」

と納得した。

花束といっしょに置いてあったのものは、

ビニール袋で何重にも

包まれててよくわからないんだけど、

15㎝四方くらいの四角い白い箱のようなものだ。

娘さんへの供え物か何かかなと思って見ていたら、

白の上に白が重なっててはっきりしないが、

箱とビニールの間に何かが詰まってる。

拾い上げて見ようかとも思ったけど、

お供え物に触るのが気味悪くてかがんで

顔を近づけて見たら・・・

何かの短い骨のようなもの。

これが箱の両脇にたくさん

詰まって押しつけられている。

「うわー何だこれ」

と思って、すこし後ずさりしたときに、

ヘルメットをかぶった額の右上あたりを

思いっきり殴られたような衝撃を感じて、

思わずうずくまった。

そんときは飛ばされてきた石でも

当たったのかと思ったけど、

何かにぶつかったわけじゃない。

その後目の前がぐらぐらするような

強烈な頭痛が襲ってきて、

もっと先まで走るはずだったのが

予定を変更してそこで引き返した。

帰り際にだいぶ離れてからち

らっと後ろを振り返ると、

カーブで花束は見えないけど、

そのガードレール一帯の上のほうが

半径10mくらいに大きく赤く光っていた。

家に帰って額を見ても、

もちろん傷がついたりこぶがあるわけじゃない。

ずっと頭が痛く吐き気もしたんで

病院にいこうかと考えたけど、

一晩寝たらきれいに直った。

それから二日後に同じ場所に

走りにいってみたんだが、

花束も箱のようなものも何もなくなっていた。

光も見えないし頭が痛くなることもなかった。

その後もおかしなことはない・・・

書いてみるとぜんぜん怖くないなスマソ。


関連記事

スポンサードリンク

タグキーワード
2016.10.24|Genre:|Thread:恐怖の体験話コメント(0)トラックバック(0)Edit
コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © 超怖い話 実話 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます