FC2ブログ

[超怖い話 実話] ラベルのないDVD - 超怖い話 実話

ピックアップ!

[超怖い話 実話] ラベルのないDVD

超怖い話 実話 長編


会社の後輩が、出張で関東方面へ行った時の話です。

出張には一泊での予定で、出張費としてもらったお金を浮かすため、素泊まりが出来る安いホテルに泊まりました。

昔ながらのビジネスホテルで、昭和の雰囲気が出ているホテルだったそうです。

ベッドが置いてあり、その他には100円を入れると数十分動くプレーヤーとDVDが数本置いてありました。

特にする事もなく、テレビも飽きてしまったので、どんなDVDが置いてあるのか見ていました。

邦画や洋画の中に、一つだけラベルの貼っていないDVDがありました。

IMG_1454.jpg


「なんだろう、ラベルを張り忘れたのかな?」

と思い、100円ならいいやと思って入れて見たそうです。

DVDをプレーヤーに入れて、再生。

しばらくして、始まりました。

テレビの画面に映ったのは縁日の風景でした。

神社のお祭りなのか、たくさんの屋台が建ち並び、浴衣を着た人達や家族連れの人たちが、
お祭りを楽しんでいる風景が映し出されました。

数分のお祭りが映った後・・・

浴衣姿の5歳くらいの男の子が画面に出てきました。

男の子の顔にカメラはズームアップしていく感じの映像・・・

そして・・・

浴衣を着た男の子の胸から上が映るあたりで画面が停止したそうです。

そして、画面も一時停止状態に・・・・

そして、赤い無機質な字体で

『 この夜 あきらくんは 殺されました 』

すぐに電源を切り、別のホテルへ泊まったそうです。


超怖い話 ランキング ★★★★☆

関連記事

スポンサードリンク

タグキーワード
2018.06.07|Genre:|Thread:恐怖の体験話コメント(0)トラックバック(0)Edit
コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © 超怖い話 実話 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます