【怖い話 実話】ねぇ・・・ママ・・・なんで早く助けてくれないの・・・? 短編 - 超怖い話 実話

ピックアップ!

【怖い話 実話】ねぇ・・・ママ・・・なんで早く助けてくれないの・・・? 短編

ある平日の午後、

女は娘と二人で家にいた。

娘はもうすぐ幼稚園に入るころで、

両親にとても可愛がられていた。

IMG_1262.jpg


二人で居間のテレビを一緒に見ていた。

ふと娘が立ち上がり、「ジュース飲もうっと♪」

と言い台所に向かって行った。

女が「一人でできる?」と聞くと、

娘は「うん、大丈夫だよ」と言いながら歩いていった。

その直後のことだった。

娘の悲鳴が微かに聞こえた。

女が台所へ駆け付けると、なんと娘の姿が

どこにもなかった。

「助けてー!ママー!」

再び娘の悲鳴が聞こえてきた。

声の出所を探ると、

それは冷蔵庫の中から聞こえていた。

女は急いで冷蔵庫を開けようとしたが、

なぜか冷蔵庫はびくともせず、

どんなに引っ張っても開かなかった。

「キャー!ママ!ママー!助けてー!」

一層激しくなる娘の悲鳴。

しかし女はそれを目前にどうする事もできなかった。

道具を使って必死で冷蔵庫を開けようとしたが、

冷蔵庫は堅く閉ざされたままだった。

「ギャァアーーー!」

断末魔のような娘の悲鳴が響き渡り、

冷蔵庫の中から真っ赤な血が流れ出し、

瞬く間に床に広がった。

女はガクンと膝をつき、

その場に力無くうなだれた。

女の心は大きな絶望感に覆われていった。

キィ・・・。
女がどんなに必死で開けようとしても

微動だにしなかった冷蔵庫の扉が自然に

開いていった。

冷蔵庫の中は空だった。

底に真っ赤な血溜まりができているだけで

娘の姿は消えていた。

「ねぇママァ・・・ここどこ?

怖いよぉ・・・早く助けて・・・ママァーー!」

娘が助けを求める声がどこからか聞こえてきた。

奇妙なことに、その声は女の頭に

直接呼び掛けるかのように響いてきた。

その後、家の中と周辺を探し回ったが

娘の姿はどこにも無かった。

しかし頭の中に響く娘の声は

鳴り止むことが無かったという。

「ねぇ・・・ママ・・・なんで早く助けてくれないの・・・?

私、一人で淋しいよ・・・早く来てよ・・・ママァ・・・」

娘は未だに見つかっていない。


関連記事

スポンサードリンク

タグキーワード
2016.11.30|Genre:|Thread:恐怖の体験話コメント(0)トラックバック(0)Edit
コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © 超怖い話 実話 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます