[超怖い話 実話] スキー場で見たもの - 超怖い話 実話

ピックアップ!

[超怖い話 実話] スキー場で見たもの

超恐話し 実話 長編


友達から聞いた怖い話です。

毎年、冬になるとスキーへ行く友達。

その年も、スキー場へ一泊で行ったそうです。

宿泊費を抑えたかったので、スキー場の近くにある格安の民宿に泊まりました。

民宿のロケーションはとても良く、目の前がスキー場の絶好の場所。

目が覚めてしまう程、夜になると非常に寒い民宿。

スキー場が目の前だからか、誰かが滑る音が妙にうるさかった。

IMG_1830.jpg

しかし、夜中の3時・・・・

深夜にスキーもするのか? 

と、最初は思っていたそうです。

窓からスキー場のある外を見てみると、照明も落とされていてスキーが出来るわけない。

寒さから、なかなか寝付けないでいると、今度は話し声が聞こえてきたそうです。

少し、うとうととし始めたところで

 ” トン トン ”

窓を誰かが、たたいてる。

窓を見ると外に誰かが立っている・・・

なんだ〜雪かきしてた音だったのか・・と思い、窓を開けてみると。

窓を開けるまでいた人影もなく、誰もいなかったそうです。

その民宿はまだ営業中みたいですが・・・・・・・・・・・・・・


超怖い話 ランキング ★★★☆☆

関連記事

スポンサードリンク

タグキーワード
2018.06.09|Genre:|Thread:恐怖の体験話コメント(0)トラックバック(0)Edit
コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © 超怖い話 実話 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます