【怖い話 実話 都市伝説】Lucky Strike(ラッキーストライク) 短編 - 超怖い話 実話

ピックアップ!

【怖い話 実話 都市伝説】Lucky Strike(ラッキーストライク) 短編

タバコの銘柄にLucky Strike(ラッキーストライク)

というのがある。今日はラッキーストライク

にまつわる都市伝説を

紹介しよう

IMG_1221.jpg


ラッキーストライクが発売されたのは第二次世界大戦後。

ラッキーストライクの名前は大戦中に

付けられたと言われている。

しかし、名前の由来について知っている人は少ない。

実はラッキーストライクという名前は日本とアメリカ

の戦いの中で飛行機のパイロットが発した

言葉に由来しているのだ。

1945年8月、広島県上空に突如として

飛来した単独のB-29戦闘機があった。


そう、そのB-29は原子爆弾を広島に投下した

飛行機である。そのパイロットは

原子爆弾の予想を超える

破壊力に精神的に参ってしまったと

言われているが、爆弾を落とすまでは

興奮していたのかもしれない。

ターゲットであった広島市街上空から

爆弾を落とすのに成功した瞬間。

パイロットは叫んだ「Lucky Strike(ラッキーストライク)!!」

驚くべきことに日本人も愛煙者が多い

ラッキーストライクの名前は原子爆弾を

落としたパイロットの言葉

だったのである。

パッケージのデザインが日の丸のような

デザインになっており、丸の中心に文字が

書いてあるのも

日本に戦争で勝利した事を意味しているという

都市伝説である。


関連記事

スポンサードリンク

タグキーワード
2016.11.30|Genre:|Thread:恐怖の体験話コメント(0)トラックバック(0)Edit
コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © 超怖い話 実話 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます