【怖い話 実話 洒落怖】コロコロコミックなどの児童雑誌 短編 - 超怖い話 実話

ピックアップ!

【怖い話 実話 洒落怖】コロコロコミックなどの児童雑誌 短編

小学生の頃、学校でコックリさんをやりました。

当時は人面犬や口裂け女など

怪しい噂のブーム再燃と言った感じで、

TVは勿論、コロコロコミックなどの児童雑誌でも

IMG_1422.jpg


怪談話が山のように掲載されていました。

そんなこんなで色々と知識をつけ、

当然の流れのように皆でやってみよう…

となりまして。

同じ飼育係だったJ君、Nちゃん、Fちゃん、

そして私の計4人、

不謹慎にもウサギ小屋のすぐ横でコックリさんを

開始したのでした。

四人の人差し指を十円玉に乗せ、

「コックリさんコックリさん御出でください」

と言うだけの、聞きかじりの簡単な儀式を行うと、

直ぐに変化が現れました。

場所も屋外で、まだ日も落ちてなく、

周りに通行人もちらほらといたこともあり、

みんなただただはしゃいで

色々と質問を繰り返しました。

「J君の好きな人は誰だ?」

と聞けば

『FとN』

と返ってくるような、

その程度の下らないものばかりです。

でも質問を繰り返していくうちに、

ひとつ気になることが出てきました。

このコックリさん、

『はい』か『いいえ』で答える質問をすると、

なぜか必ず『OK』と選ぶのです。

文字板にはひらがなとアルファベット、

数字の他に、『はい』と『いいえ』もあるのに、

如何いう訳か態々アルファベットを2文字に架けて、

『OK』と選びます。

その時はまだ、ハイカラなコックリさんだなぁ、

等とみんなで笑っていられました。

そうこうするうちに日も暮れ始め、

質問することも無くなったので、

そろそろコックリさんにも帰って

頂くことにしました。

「コックリさんコックリさん、

鳥居よりお帰り下さい」

『OK』

しかし十円玉はOとKを選んだ後、

鳥居のマークには行きません。

「お帰りになられましたか?」

『OK』

「本当にお帰りになられますか?」

『OK』

「帰ってください」

『OK』

何を言っても帰ってくれず、

ただ『OK』と繰り返すだけのコックリさん。

OとKを移動する速度はドンドン加速して行き、

やがては質問をせずとも

『OKOKOKOKOKOK』と勝手に移動を繰り返すほどに。

私たちはパニックに陥りました。

女の子二人は泣き出し、Jも私も半泣きでした。

Jが声を震わせながら、

「もう離そうぜ」

と私たちに提案し、私の

「一斉のせ」

の掛け声で同時に手を離すことにしました。

「一斉のせ」

みんな手を離しました。

私以外全員。

何故か私だけ、

金縛りにあったかのように手が

離せなかったのです。

私の指はまだ

『OKOKOKOKOKOK』

と目まぐるしく動き回っていました。

さすがに私も泣き出してしまい、

「何なんだよ!?」

とかそのようなことを半狂乱で

叫んだのを覚えています。

私にとって洒落にならないくらい怖い思い出です。

『OKOKOKOKOKOKOKOKOKOKOKOKOKO』


関連記事

スポンサードリンク

タグキーワード
2016.11.30|Genre:|Thread:恐怖の体験話コメント(0)トラックバック(0)Edit
コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © 超怖い話 実話 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます