【怖い話 実話 不気味な話】ウチの周り、猫がサカる 信じられない話 短編 - 超怖い話 実話

ピックアップ!

【怖い話 実話 不気味な話】ウチの周り、猫がサカる 信じられない話 短編

去年の話なんですけど。

春先の夜、1時過ぎくらいだったかな?

この季節になるとウチの周り、

猫がサカるんですよ。

IMG_3606.jpg


その夜も俺の部屋すぐ側にある家の屋根あたりで、

フィーバーしてるらしく「ヴャーン、ヴャーン」て、

やかましかったんです。

最初は『うるせえなァ』くらいの事思いながら我慢して

たんですけど、ホント気が散って眠れなくなっちゃって。

丁度ペットボトルの水が枕元にあったから、

上からブッ掛けてやったら静かになるかもって思って

実行する事にしました。

で、起き出して勢いよく窓を開けたんです。

そしたら屋根の上にいたのは猫じゃなくて。

…赤ちゃんだったんです。裸の赤ちゃん。

それがこっち向いて「ヴャーン、ヴャーン」って

泣いてたんですよ。

俺もうビビッちゃって。

速攻で窓とカーテン閉めて、布団を頭から被ると

ガタガタ震えてました。

そうしてる間も、窓の外からは「ヴャーン、ヴャーン」

て声は聞こえてるんですよ。

『頼むからコッチに来んな』ってお祈りする事2時間。

気付くと泣き声が聞こえなくなっていたので、

ようやく眠る事が出来ました。

次の日、朝9時くらいに恐る恐る隣ん家の屋根見たけど、

当然そこには何も無かったです。

…結局何でそんなモン見ちゃったのかは

判らないんですけど。

その日以来俺の部屋の窓は、

雨戸を閉めて完全封鎖。

夏とか暑いし部屋が暗くなっちゃいましたけど、

2度と窓は開けたくないです。

長文失礼しました。


関連記事

スポンサードリンク

タグキーワード
2016.12.02|Genre:|Thread:恐怖の体験話コメント(0)トラックバック(0)Edit
コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © 超怖い話 実話 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます