【怖い話 実話 意味怖】大学を落ちたからリラックスしたい 意味が分かると怖い話 短編 - 超怖い話 実話

ピックアップ!

【怖い話 実話 意味怖】大学を落ちたからリラックスしたい 意味が分かると怖い話 短編

隣の浪人生が薬局から帰ってきた。また大学を

落ちたからリラックスしたい、と温泉の素を買って

きたそうだ。私はあまりその事には触れたくなかったが、

向こうから振って来たのでは仕方がない。

IMG_1495.jpg


慰めの言葉の一つでもかけてやろう。

「あんまり気にしないでくださいよ、

もう終わったことですから。

それより、次の日曜にでも気晴らしにパーティで

もしようと思うんですよ、

未練がましいのは良くないですしね。

もし暇な時間があったら是非来てください、

知り合いを大勢招待しようと思っているので」

人を招くのに汚い部屋では嫌だからと、

洗剤も一緒に買ってきたらしい。

次の日曜日か・・・・適当な知り合いを

何人か誘ってみよう。





【解説】





温泉の素:硫黄

洗剤:塩素

これらを混ぜ合わせると危険性の

強い硫化水素が発生する。

『人を招くのに汚い部屋では嫌だからと、

洗剤も一緒に買ってきたらしい。』

トイレはお風呂場の掃除ならわかるが、

部屋の中の掃除に洗剤は必要ないはず。

この浪人生は意図的に硫化水素を発生させて、

呼んだ人たち全員を道連れにしようとしているのだろう。

同じ道を辿った浪人生達で集団自殺+語り手達を

道連れにしようとしているのか、

はたまた大学から合格をもらった人たちを

妬んだために

このようなことを行うのか…。

追いつめられると人は何をしで

かすのかわからないものである。


関連記事

スポンサードリンク

タグキーワード
2016.12.02|Genre:|Thread:恐怖の体験話コメント(0)トラックバック(0)Edit
コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © 超怖い話 実話 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます