[超怖い話 実話] 美味しいラーメン 長編 - 超怖い話 実話

ピックアップ!

[超怖い話 実話] 美味しいラーメン 長編

超怖い話 実話 長編


神奈川に美味いと評判のラーメン屋。

行列が出来る程で、個人店でやっているが、ラーメン店には無愛想な主人が一人で経営していた。

そっけなく態度の良くない主人だったが、ラーメンの味が良いと評判になり、地元でも美味しいとして有名。

そんなある日、ラーメン屋の主人は病気になってしまった。

病気は良くなる事もなく、主人は亡くなってしまった。

それまでは店を閉めていたが、一人息子がラーメン屋を受け継ぐことになった。

IMG_1588.jpg

父のように上手くいかず、以前の様な評判のラーメンは

味が落ちた、前の方がうまかったなどと、客足もなくなってしまった。

そんなラーメンが、突然、味が元に戻ったと噂された。

客はまた先代の様なラーメン店に混雑し、満員になる日が続いた。

変な噂が流れ出した。

先代のラーメン屋の主人は

「 俺が死んだら、うまい出しを俺でとってくれ」

と・・・・


超怖い話 ランキング ★★★☆☆

関連記事

スポンサードリンク

タグキーワード
2018.06.10|Genre:|Thread:恐怖の体験話コメント(0)トラックバック(0)Edit
コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © 超怖い話 実話 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます